<   2012年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

a0148612_12501226.jpg


by huzi design
[PR]
by planettv | 2012-04-30 12:48 | product
「ネジを10倍にして描く」課題。

ネジなんて、いつも見ているものですが、

でも、本当は見ていません。

美しい。

ただのネジがこんなに美しいとは誰も知りません。

a0148612_20144915.jpg


この課題では、同じものを与えているのに、驚くほど全部違う答えがでます。

螺旋を横から捉える難しさ。

1mmの1/10くらいまで目盛を読むこと。

正しいプロポーションや比率を見る眼を養うこと。

写り込みによる立体感と質感の表現。

微細なところに眼を凝らす。

それだけで、いろいろな発見があります。

もう一生やらないようなことをする事に価値があります。



この課題を採点して返したら、

なんでこの人と比べて自分はこの点数なのか?と反論を受けました。

アメリカでは学生が先生にこんなこと言うのは当たり前らしいです。

アメリカでは授業単位でお金を払うので寝る人もいません。

しかし、日本ではそうではありません。




だから、素晴らしいなぁと思ったのです。

そんな事は、どんどん言って欲しいものです。

言うからには、本人も真剣にやらなければ言えませんし。
[PR]
by planettv | 2012-04-25 20:31 | product
ミラノサローネ2012に友人が何人も出展しています。

私の学生も2人ほど見に行ったみたい。

中でも江口海里さんがブログで、全9回にわたりレポートしてくれています。

ライブ感があって面白いので読んでみて下さい。

サローネサテリテというところ Kairi Eguchi Design

a0148612_1072171.jpg


今年のサテリテアワードを受賞したのは、江口さんの隣りのブースのこんな作品だそうです。

これは、コーヒー殻を圧縮成形して作られているそうです。

http://www.rlauri.com/
[PR]
by planettv | 2012-04-24 10:10 | design
すぐれたパッケージは、それを取り扱う人の心を良い方向へガイドする。

たとえば小売店に商品が届けられたとして、梱包から取り出してパッケージを見た瞬間、

「あ、センスがいいなぁ」と想った商品は、おそらく良い場所に置きたくなるだろう。

その逆に、「あ、ダサイ」と思った商品にたいして、お店の人は、良い席を与えようとはしないだろう。

商品にまつわる美学は、店頭でのポジショニングやステージまでを規程するのである。



仲畑貴志 コピーライター 

source: 平野湟太郎デザイン研究所

[PR]
by planettv | 2012-04-21 11:58 | design
a0148612_23425964.jpg

a0148612_2343743.jpg

a0148612_23431786.jpg

a0148612_23432786.jpg

a0148612_23431532.jpg

a0148612_23551899.jpg

a0148612_2344079.jpg

a0148612_23441684.jpg

a0148612_23503931.jpg

a0148612_23505115.jpg

a0148612_23442884.jpg

a0148612_23443972.jpg

a0148612_23472166.jpg

a0148612_23442784.jpg

a0148612_2345099.jpg

a0148612_23451680.jpg

a0148612_23452093.jpg

a0148612_2345581.jpg

a0148612_2351633.jpg

a0148612_23454681.jpg

a0148612_2348769.jpg

↑「お寿司」
[PR]
by planettv | 2012-04-19 23:45 | life
a0148612_8395645.jpg


滋賀銀行大薮支店が4/23に移転オープンします。

設計は日建設計。

意味ありげなルーバーは西日よけです。

a0148612_8402160.jpg


それに際して、鋳造でお世話になった株式会社マツバヤシさんより銀行への寄贈品のデザインを依頼されました。

マツバヤシさんと滋賀銀行はとても長いおつきあいがあるそうです。

「琵琶湖の野鳥」と「ブルー」を多くデザインに取り入れている滋賀銀行ということで、

滋賀県の県鳥である「カイツブリ」をデザインモチーフに、ペーパーウェイトをデザインすることにしました。

彦根のバルブ産業と滋賀の県鳥のコラボレーションということです。

鋳造は同じものを複製できるというのが1つの特徴でありますから、群で見せるのにも向いています。

当初はもう少し大きなオブジェの予定だったのですが、書類の多い滋賀銀行様の意向で小さくなりました。

a0148612_8395352.jpg


支店長室の隅に、アクリル積層板の上に飾られたオブジェも置かせていただきました。

アクリル板の四枚重は琵琶湖の水面をイメージしたものですが、

これも、みんなで「ああではない、こうではない」とアクリルサンプルを重ねて色味を検証しました。

a0148612_840366.jpg


以前、湖北野鳥センターに行ってカイツブリの測量をしたのもこのためでした。

野鳥観察 http://minaminote.exblog.jp/14500230/


デザインは、ボディ全体を統合する1本のラインと立体造形によって、

カイツブリの特徴的な赤い模様と羽を表現しました。

面の中にエッジがあるのは現代の自動車に見られる造形で、そこにもインスピレーションを得ました。

親鳥と雛鳥でプロポーションを若干変えてあります。

a0148612_8392218.jpg


滋賀銀行大藪支店へお越しの際はカイツブリを手に取ってみて下さい。

たぶん、ロビーに置かれるはずです。

置いておくと、盗まれるくらいになれば良いな。

と思いますけど。

みんなに触られて、いい感じにエイジングしていくことでしょう。

a0148612_9225058.jpg


お問い合わせは、株式会社マツバヤシさんまで。
[PR]
by planettv | 2012-04-19 09:04 | product
WEB GOETHE 安藤忠雄 special interview 私が出会った驚くべきリーダーたちの決断の瞬間

http://goethe.nikkei.co.jp/human/120412/index.html

必読です。
[PR]
by planettv | 2012-04-17 01:26 | life
かまどさんという陶器の飯炊釜を買ってから2ヶ月。

我が家で、電気炊飯器は本当に一度も再稼働しなくなりました。

本当に、さようなら炊飯器。

これはすごい事だと思います。




この一件で思うのです。

私たちの電気に頼った便利で快適な暮らしって本当なのか?

美味いご飯を追求し、電気炊飯器の値段は、どんどん高騰しているようです。

おいしいご飯=高い炊飯器。

それしか選択肢がない。と消費者が思っているいるわけですが、ちょっと待てよと思うのです。

10万円の炊飯器より、5000円の釜の方が美味いんじゃない?

保温機能がないから、もちろん冷めるのですが、冷めても美味しいし、

電気炊飯器でも炊きたてが美味くて、半日保温したら味が落ちるのではないでしょうか?



世の中の商品や商売って、必要もないのに、

便利でしょ、快適でしょといって、電気使いましょうよ。

原発、再稼働しましょうよ。

って。



今度は、掃除機をやめて良いホウキを買おうと思うのです!

a0148612_22524688.jpg

[PR]
by planettv | 2012-04-16 21:46 | life
余白が大切です。

ある角度からしか見れないものではなく、

1つの意味しかないものではなく、

多様な解釈ができる余白のあるものがいい。

それを見た人が、さらに想像を広げることができる。

発想を誘発するような、余白。

想像が、創造を呼ぶような、余白。




それを語らずして、それを語るのです。




良いデザインには余白がある。
[PR]
by planettv | 2012-04-13 23:54 | design
君はまだ無名の天才です。

今のうちに量をためることです。

とにかく売れてないうちに、どれだけ量をためるかです。

ピカソは8万点の絵があるわけです。

8万点というと、猛烈な量です。

90歳以上生きましたから、10歳から描いたとして、80年間で8万点ということは、

1年で1000枚です。

1年で1000枚ということは、1日に3枚です。

80年間ずっとです。

時間のかかる油絵もあります。

彫像も作っています。

天才ですら、これだけの量をやっている。

量をこなせるのが天才なのです。

もっとも効率のいい勉強の仕方は、とにかく量をこなすことです。

どうしたら無駄のない勉強の仕方があるかと考えてしまうのですが、これが一番効率が悪いのです。

まず、量です。

量がどんどん積み重なって、ある時初めて質に転換するのです。

1つ1つのものは、非常にささいなものです。

ささいな値打ちのないものだけれども、こだわらないで続ける。

そうすると、オセロで白が黒に変わるようにパラパラパラパラと全部が変わっていく瞬間があります。

「大学時代しなければならない50のこと」中谷彰宏 より





ある時、量が質に転換するというのは本当のことです。

量をこなすのが天才というのも本当です。
[PR]
by planettv | 2012-04-13 23:41 | life