<   2012年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

a0148612_20575277.jpg


なんだかんだあった翌日朝、ようやく落水荘 falling waterへ。

事前予約制です。

a0148612_064592.jpg


ミュージアムショップで番号を呼ばれるのを待ちます。

店内で流れている音楽や、商品、それらは周囲の環境と一体となって、

フランク・ロイド・ライトの思想を語りかけてくるようでした。

お土産にライトデザインのランチョンマットを購入。

a0148612_1422215.jpg


番号を呼ばれて、ガイドさんについていきます。

きれいに手入れされた林を歩いていくと、見えてきたのが落水荘です。

a0148612_0657100.jpg


落水荘は大学一年生の時に、一週間で図面のトレースをインキングまでやらされた課題。

床の石のタイリングなどとてもキツかった思い出の名建築であります。

山間の滝の上にあるわけですが、下の方から上がって行った先にあるのかとばかり思っていましたが、高い所から下がってアプローチするのが意外でした。

a0148612_071086.jpg


館内は写真撮影できない予約コースでした。

早朝のディープツアーでは普段見れないところを見れたり、内部写真撮影できたりするようです。

建物は天井が低かったり、全てが身近に感じられでアメリカにはない感覚だなぁと思いました。

手すりもすごく低く、壁も薄くて、今の建築からすればとても危なっかしく思えますが、

ライトは、技術者よりコンクリートを熟知していたという話です。

ライト自身が背が低かったためと言われますが、日本的な寸法感覚でとても身近に感じたのです。

「滝と共に暮らす」

人工物が自然の中にあり、お互い調和し合うというのは日本の建築に通じる感覚でした。

a0148612_1452288.jpg


こちらが、有名なキューピーマヨネーズCMのアングル。これが見たかった。

歴史の浅いアメリカにあって、この建築がどれだけ大切にされているかがわかりました。

建築は宝なんだなぁと強く感じました。



敷地との関係や、建物の構成がよくわかる落水荘の素晴らしい3DCGはこちら(04:32)

a0148612_14553992.jpg


その後、同じくフランクロイドライト設計のケンタック・ノブを訪ねました。

a0148612_014717.jpg


落水荘から車で20分ほど。

a0148612_0141867.jpg


六角形を上手く組み合わせたプランはとても居心地が良くて、落水荘に行くならこっちも是非。

a0148612_0143418.jpg


とにかく寒かった。NYとは全然気温が違いました。

a0148612_1456936.jpg


その日にNYに帰り着かなければならず、14時すぎに出発し、21時に到着する為急ぎました。

a0148612_14522052.jpg


帰りに寄ったレストラン。

ここのサラダバー最高やったね。

a0148612_019712.jpg


NY直前の高速道路の怖かった事。ほんま、よく運転した。往復1200km。

すさまじい豪雨の中の無事NYに21時前に。いつもギリギリ。

もう、二度と行けないと思いました。

a0148612_0191885.jpg


その日からの宿はこの中国料理の上階の日本人オーナーのアパートメント。

この中国料理店にはこの日から3日間お世話になりました。








追記

エル・デコ日本版創刊20周年記念特別編集として、

『フランク・ロイド・ライトの本』がちょうど発売されています。

ご興味あれば。

日本でもいくつかライトの建築があり、中でも芦屋のヨドコウ迎賓館が好きですね。

a0148612_0155793.jpg


ライトは、“オーガニック建築”を提唱し、実践した建築家。帝国ホテル旧本館をはじめ、日本との関わりも深い。なぜ今ライトなのか、年代を追って紐解いていくほか、アメリカに今なお残る16軒の住宅を美しいビジュアルで紹介。日本に残された貴重な建築4軒をすべて取材敢行するという快挙も成し遂げた。

http://www.elle.co.jp/decor
[PR]
「こりゃ修理かなぁ。夜にピッツバーグに間に合わんのじゃないか。まだ400kmはあるし。」

と思いつつ、

HONDAの兄ちゃんが説明書読んだり、ボンネット開けたり、いろいろ見てくれていました。

どうやらヒューズの交換場所がよくわからんらしい。

すると、兄ちゃんは運転席横の、アームレストのカバーを開けると収納ボックスが見えて、

なんと、そのボックスを取り外すと、その下から、シガーソケットの予備が出て来たのです!

そこにカーナビを繋いでみると、ランプが

ピカリ。




「やったー!」

これ、pentawardの授賞式を超える喜びでした。

a0148612_23425579.jpg


嬉しすぎて記念写真。

でも、こんな予備ソケット自分らでは絶対わからんわ。

そこまで隠さなくても良いのに。

a0148612_23431331.jpg


「ありがとう、HONDA!やっぱりJapan最高やね〜。」

とHONDAを後にして、目的地の宿を目指しました。

a0148612_23502028.jpg


でも、とりあえず、かなり疲れたので、腹ごしらえ。

嬉しそうすぎる肥川君。

私はちょっと注文をミスしました。お米にすれば良かった。

a0148612_23511038.jpg


その後、せっかく運転者25歳以下の高い保険に入ったので、ペーパードライバーの学生に運転交代。

彼の運転が結構怖かったりしました。。。

a0148612_23513949.jpg


そして、NYを出発して7~8時間。

16時半くらいに目的の宿Parker Houseに到着。

先日お会いしたNYのジョニーさんにBed & Breakfastに泊まったら良いよと言われ、

急いで検索して、電話で予約した(つもりだった)のです。

でも、英語で何言ってるかよくわからず、最後は電話を切られてしまったのでしたが。。。

a0148612_23525867.jpg


そして、着いたら、予約が無いと言われ、、、

「えー。やっぱり。。。」

「でも、一部屋空いてるからno problem」と無事に宿は確保できたのでした。

しかし、あとちょっと遅かったら管理人さん帰ってしまうところでした。

a0148612_23583563.jpg


各部屋にはお風呂とトイレがついていて、クイーンサイズのベッドで2人寝る事に。

a0148612_23595595.jpg


こうして、家一軒を部屋ごとに貸しているんですが、この宿は、アメリカ滞在中で最高だったかも。

NYより郊外のほうが好きでしたね。

ジョニーさん色々とありがとうございました。






そんなに面白くはない話だけど、続く。
[PR]
NYに行ったとき、自動車免許取って一年の私は、NYでレンタカーを借りて、

学生と2人で600kmも離れたピッツバーグの落水荘(falling water)を目指すという冒険に出たのです。

ちなみに、東京ー大阪間が500kmです。

a0148612_22593778.jpg


相棒は、FORD FUSION ナカナカ良いマシンでした。あれを除けば。

a0148612_22591697.jpg


アメリカはとにかくデカイ。と思いました。高速道路の道幅の余裕さが違います。

道路の端には、タイヤがたくさん転がってある。

広すぎて、片付ける人がいないんだな。

a0148612_22592612.jpg


だって、こんな「over size road」の家が平気で走れるんですもの。

a0148612_22594724.jpg


日本語表示も出来るカーナビが命綱。

こいつがないとNYの脱出も難しかったでしょう。

後で知りましたが、日本でも売ってる割と安いGARMINていうカーナビでしたが、

これが、余計な情報一切表示しないでわかりやすいのなんの。

日本のメーカーはいろんな機能ばっかりつけて何やってんだろうと思いました。

しかも、時間がすごくシビア。

私のは余裕みて計算して近づくと一気に予定時刻が縮まるけれど、そんなの無し。

必死で走らな、予定通り走れない。

a0148612_23295464.jpg


ところが、NYを出て2時間くらい走ったところで、カーナビが「バッテリー残量低下」の表示。

「え?なんで?」

と思ったら、シガーライトソケットのジャックに電気が来ていないことが判明。

そんな車をレンタカーで貸すなんて日本じゃあり得ないでしょー。

これはまさに「オーマイガッ!」

見る見るうちに電池は無くなり、ブラックアウト。

a0148612_22595676.jpg


これが、問題のシガーライトソケット(抜いた後)

仕方がないので高速降りて、トラック野郎のガレージにお邪魔して、「ヘルプミー。」

a0148612_0311466.jpg


ガタイのすごいお兄ちゃんが一生懸命見てくれて、最初、何言ってるのかわからなかったのですが、

「ヒューズがブロークンだ。」とのこと。

「このヒューズはここには無い。ここじゃ無理。HONDAに行け。」と。

FORDなのに、HONDAでいいの?と思いながら、手描きの地図を頼りにHONDAに着く。

本当にあんな地図でついちゃった。アメリカはシンプル。

HONDAだから日本人いるかなぁなんて淡い期待は砕かれて、

何言ってるかよくわからないけど、ダラーラレンタカーに電話をしてもらいました。




続く。
[PR]
子供を米原駅に連れて行くというのが、マイブームなお金のかからない遊びになっています。

a0148612_14143563.jpg


米原駅は新幹線が1時間に2本しか止まらない非常に不便な駅ですが、

逆に考えれば、猛スピードで通過する新幹線は都市部の駅では見られないものです。

しかも、新幹線はこの辺の在来線よりも過密ダイヤで運行していきます。

だから、次々に新幹線がやってくるのです。

これはまさに、日本でしかできない技でしょう。



子供は、あまりの轟音にビックリして後ろの壁にへばりついて横向きます。

見たいんだか、見たくないんだか。。。

でも、新幹線を見るために来ている親子連れもちらほら。

でも、最近、外国人も姫路駅で最高速で通過する新幹線を観光名所にしているそうです。

YOUTUBE 外国人、姫路駅で新幹線の速さにびっくり大興奮!

a0148612_1485219.jpg


てっちゃんじゃなくても楽しめますよ(たぶん。。。)

入場券は140円です。
[PR]
by planettv | 2012-01-09 14:28 | life
a0148612_17535733.jpg


正月に帰ると親父が、薪ストーブを買っていました。

工事も自分でやっていました。

火の周りに人は集まる。

電気ストーブや、ファンヒーターよりずっと良い。

エアコンもつけたら空気が悪くなります。

これらは、自然の熱とは何か違います。



a0148612_17595893.jpg


今年は陶器の湯たんぽを正月のお土産にあげました。

信楽でも、陶器の湯たんぽが飛ぶように売れているらしい。




電気は実はそんなに必要なかったのです。

なんでこんな良い物たちを現代人は見捨てたのでしょうか。

火が危ないというのはある。
[PR]
by planettv | 2012-01-07 18:03 | life
正月に熊本から焼酎が届きました。

a0148612_10105654.jpg


5年前に熊本であった「mokubanR2」というの建築コンペで入賞した際の副賞でした。

5年間、鍾乳洞で焼酎を寝かせてお届けするという商品「球泉洞スピリアル」

3年から最大20年までのコースがあります。

すごく良いなと思うのは、時間を商品の価値にしているところなのです。

未来に贈れるということです。




しかし、もう5年も経ったんだなぁ。

一緒に参加した当時の学生は、今はもう大学院も出て就職してしまっているということです。

苦く楽しかった5年前の思い出。

あの頃は、こんな5年後を想像もしていなかった。
[PR]
by planettv | 2012-01-06 10:28 | life
a0148612_1365449.jpg


明けましておめでとうございます。

去年の様々な世界のインパクトで、今年やるべき事がわかった気がします。
[PR]
by planettv | 2012-01-01 00:00 | graphic