<   2012年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

a0148612_21433477.jpg


近江鉄道をテーマに卒業制作を進めている学生と近江鉄道のご協力で、

生活デザイン学科 卒業研究・修士研究展示会の広告電車が完成しました。

今年は広報に力を入れています。

この青い電車は、米原ー貴生川間を2月12日までの間、1日5往復しています。

近江鉄道に乗って、卒業制作展を見に来てね☆

滋賀県立大学 生活デザイン学科 卒業研究展示会








この物語はフィクションです。
[PR]
by planettv | 2012-01-31 21:49 | design
a0148612_2342279.jpg


「プレゼンテーションZEN」  ガー・レイノルズ著より
[PR]
by planettv | 2012-01-30 23:03 | graphic
a0148612_10424697.jpg


「アイデアは考えるな。」柳澤大輔 日経BP社 より
[PR]
by planettv | 2012-01-26 10:43 | life
a0148612_2028682.jpg


私の部屋の本棚を見て、これ全部買って読んだんですか?とよく聞かれます。

本棚の本はほとんど学生時代から自分のお金で買ったものですが、

私自身はこれだけしか本がないと思っているし、本当に勉強が足りんなとずっと思っているのです。




学生の頃も、図書館にある過去の雑誌20年分くらいは全部見ていました。

といっても芸大ではないので、デザインに関する本は図書館にはほとんどないのです。

だから、全然読む本がないとがっかりしながらも、あるもので一生懸命何かを得ようとし、

7時に閉まってしまう図書館にいつも追い立てられていたのです。

そういうわけなので、本を見せてもらう為にプロダクト研究室にお邪魔して、よく居座って、

先生よりどこにどの本があるか詳しかったりしたものです。

いつしか研究室を持った私は、そんな学生は来ないことに気がつきました。

つまりは、自分が無自覚すぎるくらい習慣化していることが他を引き離すのでしょう。

自分は他の人より頑張っている方だなどと思っているうちはまだまだなのかもしれません。





秋田先生のブログにこんな記事があり、私も共感しました。

そんな質問はされた事は無いが、例えば学生さんに「デザイン力をあげるにはどうすればいいか?」と聞かれたらどう答えるか。

『とにかく大量に本や雑誌や資料を見て「曖昧に」記憶する事だ。』と答えそうだ。

デザインは目から入る。目にしたものを積み重ねてアイディアは生まれる。




続きは、http://www.michioakita.jp/whiteboard/ 曖昧




何も知らないで、「アイディアが思いつきません。」というのは当然なのかもしれません。
[PR]
by planettv | 2012-01-26 00:50 | life
私も鳥をデザインする事になりまして、本物を見ないと始まらないなと思いまして、

湖北野鳥センターに行ってみました。

a0148612_23161151.jpg


建物が鳥の顔をしているようにも見えます。いや、きっとしています。

野鳥センターをちょっと軽んじておりましたが、駐車場には車がたくさん。

中に入ると人がわんさか。

驚きました。みなさん野鳥を見に来ているのです。

a0148612_2316221.jpg


館内にはずらりと望遠鏡が並んでおりまして、湖の野鳥を見るのです。

こんな施設があることに驚き、そして野鳥ファンの数に驚きました。

学芸員のみなさんも野鳥が本当に好きみたいで、野鳥の飛来に館内がどよめいています。

「どれどれ。」と私も望遠鏡をのぞくと、野鳥が見えます。

鳥を見るのもなかなか面白いものだなぁと思いました。

鳥は知っていたけど、実は何も知らなかったわけです。

a0148612_23453685.jpg


私も、ノートパソコンで作ったCGのモデルを学芸員さんに見てもらいました。

私「これ、○○の鳥に見えますかね?」

学芸員「シルエットはそのものですね。」

瞬間で言われたので、「もっとよく見て下さいよ。」って思いながらも、、、

これは意見を求めるより、自分の感覚を信じるしかないなと思いました。

生きている本物を間近で見たかったのですが、残念ながらいなかったので

剥製をケースから出して頂き、測量をさせて頂いたのでした。

a0148612_2317574.jpg


私のカメラではこんなのが限界でした。

望遠鏡ではよく見えましたよ。



野鳥センター横の「道の駅 湖北みずどりステーション」は安くてうまいもの売っててお勧めです。

[PR]
by planettv | 2012-01-24 23:15 | life
a0148612_22312667.jpg

Oiva Toikka / iittala

a0148612_22355141.jpg

Charles & Ray Eames

a0148612_22335913.jpg

Ronan and Erwan Bouroullec

a0148612_22364689.jpg

Hung Ming Chen

a0148612_223757100.gif

Hans Bølling

a0148612_22404747.jpg

Kristian Vedel

a0148612_22433923.jpg

Kobi Levi

a0148612_22315031.jpg

Arne Jacobsen

a0148612_22443125.jpg

twitter



デザイナーは鳥をデザインする。
[PR]
by planettv | 2012-01-23 22:48 | design
卒業制作展のポスターができるまで。

http://ld14.exblog.jp/15301847/

a0148612_975992.jpg

[PR]
by planettv | 2012-01-21 09:06 | life
a0148612_20492012.jpg


滋賀県立大学 生活デザイン学科 卒業研究・修士研究展示会が開催されます。




◆卒業研究・修士研究展示会

 日時 平成24年2月8日(水)~ 12日 (日)
    10:00~18:00
 場所 交流センター ホワイエ

◆卒業研究公開審査会(制作系)

 日時 平成24年2月6日(月)
    10:00~18:00
 場所 交流センター ホワイエ

◆卒業研究公開審査会(論文系)

 日時 平成24年2月7日(火)
    10:00~12:35
 場所 交流センター 研修室

◆修士研究公開審査会

 日時 平成24年2月14日(火)
    09:30~12:30
 場所 D0-2階会議室

滋賀県立大学 交流センター
http://www.usp.ac.jp/japanese/campus/koryu.html

高校生も来て下さい。






南ゼミは過去最高の大所帯。

いろんな人にとんでもないご迷惑をおかけしながら。

私もこんな大変なのは初めてか?

出口はまだまだ見えませんが、いよいよ佳境です。
[PR]
by planettv | 2012-01-18 20:54 | life
六甲山頂にある、六甲枝垂れ(ろっこうしだれ)に行ってきました。

建築家 三分一博志氏の設計です。

六甲山に来たのは幼稚園以来ではないでしょうか。

a0148612_13544750.jpg


これは何なのかと言いますと、自然体感展望台でありJIA KINKI U-40設計コンペで選ばれたものです。

三分一さんは自然の力を建築にうまく活かして設計をされており、

自然環境から導きだされるコンセプトは建築形態にいつも斬新な形を与えていきます。

元来、自然の持つ力を日本人は暮らしの中に最大限活かして建築工法を洗練させてきたわけですが、

戦後、それらの知恵を全て捨てて、電気に頼る暮らしにシフトしてしまいました。

自然の力を最大限使いながら、これからの建築のあり方を模索している数少ない建築家と言えるでしょう。

a0148612_13542694.jpg


六甲山特有の自然現象である樹氷を固着させるために枝型で出来たドーム状の形状があります。

a0148612_14184728.jpg


スロープの連続で内部と外部がつながっており、子供は大はしゃぎです。

a0148612_13545862.jpg


内部の天窓は開いており、雨が落ちます。

同時に、内側の木の板は雨水を集める構造になっています。

a0148612_13552437.jpg


水盤からは水が蒸発し、夏場の室温を下げます。

アプローチにあった池で氷を作って、氷室で保管し気温調整に役立てるそうです。

a0148612_13551039.jpg






地球上で六甲山でしか見る事の出来ない「エナジースケープ」をつくり出す事が、六甲山への私の想いである。

三分一博志
[PR]
a0148612_23154865.png


私なんかが紹介するまでもなく有名なブログだと思うのですが、

プレゼンテーションの授業でちょっと紹介したんです。

とても素敵なんですよ。(しばらく更新されてませんが)

ダカフェ日記



ボケの効いた写真も毎回、息を飲むほど素晴らしいし、

家族と犬というキャストも素晴らしい。名前も良いですね。

家も暮らしも生活感がありながらとても美しい。

写真に添えられた一言がまた良いんです。

アイコンの手描きの文字もいい感じ。

日常に満ちているいろいろな驚きや感動、笑いがしみじみと伝わってきます。




プレゼンテーションはこういう事だと思うんです。

多く語らずとも、全てがセンスに満ちていて勝手に語ることなのです。





しかし、なんで、私のブログの左上の「似ているブログ」を押すと、

写真関係ばかり出てくるんでしょうかね。誰が判断してんのかねぇ?

それにしても、みなさん写真が上手ですねー。

[PR]
by planettv | 2012-01-13 22:17 | life