<   2011年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

先週設営しました「メニークリスマツ!」のFLAXUS連動企画が今日明日と行われます。

「まつぼっくりツリーキッズワークショップ」

a0148612_2205889.jpg


琵琶湖のマツボックリに着彩や装飾を加えてもらって、

自分だけのクリスマスツリーにして持って帰ってもらおうというクリスマスイベントです。

a0148612_2211779.jpg


30分前に用意した整理券は一瞬でなくなる盛況ぶり。

a0148612_2222273.jpg


学生扮するサンタさんがマツボックリを配ります。

a0148612_2214253.jpg


小さいお子さんは御両親に手伝ってもらいます。(そのせいで席が足りず。。。)

a0148612_222566.jpg


みなさん、本気も本気。

a0148612_22164522.jpg


最後は、琵琶湖の石を選んでスタッフに土台として取り付けてもらいます。

a0148612_22152053.jpg


これは買ったら高そうと思えるような、みなさんのすごい出来映えに感心。

a0148612_2224657.jpg


そして、フラクサス会員でお買い物をされたお客さんには、ガチャガチャで「びわころ」をプレゼント。

a0148612_222596.jpg


「びわころ」とは、琵琶湖の小石なんですが、365日分の日付と時間とひとことが書かれており、

その時の空と海の色で描いた(つもりの)石が入っています。

琵琶湖に行った事がない人にも、この石を手にとってもらう事で、

琵琶湖を少しだけでも感じてもらえるかな? という一品です。

夕暮れの琵琶湖の湖と空はいつ見ても見飽きる事無く、感動するんです。




今回のショーウインドーとワークショップは、

「琵琶湖のマツボックリ」と「琵琶湖の石」と「琵琶湖への想い」でできました。

滋賀県立大学は何もないと思われているだろうし、自分たちも思っていました。

でも、足元には、これだけたくさん良い物がころがっていたんです。

a0148612_22271754.jpg


琵琶湖の落とし物は、子供の笑顔という宝物に変わりました。






明日もキッズワークショップやってます。

12/10,11
イオンモール木曽川キリオ 1階FLAXUS前
11:00〜、13:00〜、15:00〜(共に30分前に整理券を配布)
各回30名様 四歳以上
※フラクサス会員限定イベントとなっておりますが、その場で入会できます。
[PR]
by planettv | 2011-12-10 22:32 | design
なにやら面白そうな家を見つけました。

なんじゃもんじゃハウス 

私のゼミの卒業生のいずみちゃんの勤める大関商品研究所で建てたものです。

一件の家を複数の居住者でシェアするシェアハウスなんですが、普通のシェアハウスとはなんだか違うのです。


a0148612_12583019.jpg

下に位置する「住居棟」。3階建てで8部屋ある。
木で作られていてログハウスのような見た目。

a0148612_1334250.jpg

広い共用のキッチン。シンク下のスペースに業務用の冷蔵庫が入る予定。

a0148612_12585774.jpg

共用棟は大きな石のタイルが特徴的。右側にあるのがなんじゃもんじゃの木。

a0148612_1323047.jpg

リズム感のあるタイルに彩られたバスタブは夜になると一層雰囲気が良くなりそう。
窓の外に見える竹林が絶景のバスルーム。

a0148612_1304374.jpg

広い共用のリビングダイニング。陽当たりの良い落ち着く空間。

a0148612_130577.jpg

洗面台と洗面鏡は各個室についている。というのが今のニーズを捉えた新しいシェアハウス。

写真は【自由な賃貸】case4~“古さの格好よさ”を感じる住まい_なんじゃもんじゃハウス~よりお借りしました。





彼女は、普通の就職活動をしたわけではなく、(しても落ちたんかな?)

ネットで大関商品研究所を見つけて、募集もしてないのに社長に直談判。

社員も大工さんしかいない状態で、一度は断られるも、

「私はここに未来があると思うから、やることを自分で探します」

と大関さんを押切ってしまいました。

大関商品研究所の経営するシェアハウス 「バウハウス南千住」に住みながら、

いまでは、プロジェクトリーダーをつとめ、都内で軽トラを運転しまくり、

どろんこになりながら楽しすぎる日々を送っています。(たぶん)




こういうのも、正しい就職の方法だということをこれから就職活動を始める3年生に知って欲しいですね。

今の、リクナビやら毎ナビやらの就職活動からは、

想像だに出来ない本当に楽しい仕事を彼女は自分で見つけたってことです。

彼女は、卒業制作で移動屋台「モービル酒場」を制作したのですが、それは本当に自分でやりたい事でした。

そして、大関さんにも面接でそれを見せました。

すると言われたそうです。

「それ、できるよ」って。

大関商品研究所は、面白い屋形船のプロジェクトも進行中で、他にも面白いことをたくさん考えておられます。

直感と行動力ってすごく大事だと彼女を見て思います。

これからすごいことになるんではないでしょうか。

詳しい「いずみちゃんの話」

シェアハウス入居のお申し込みはこちら。満室ですけど。。。
[PR]
滋賀には、ローカルな地域密着鉄道。近江鉄道があります。

a0148612_2129291.jpg


この度、近江鉄道・オーミマリン・八幡山ロープウェーの「初詣きっぷ」が発売されました。

a0148612_21353388.jpg


近江鉄道らしからぬ、かわいらしい切符とおもいきや、

それらの切符のデザインや告知ポスターのデザインを研究室で担当したのでした。

会社との関係で学生の個人名は出せないのですが、学生の一人が、卒業制作として近江鉄道を取り上げております。
見たらわかるんですけどね(笑)このイラスト。




近江鉄道は西武系列(西武は滋賀出身)ということで、ライオンのキャラクターをデザインして、

おめでた感が出るような縁起物や干支たちと共演させております。

なので、近江鉄道の車両は、西武鉄道のお下がりがほとんどなのです。



今回は、ロープウェーと船と鉄道の3種類の切符をデザイン。

切符に関する詳しい情報はこちら

a0148612_21335691.jpg


切符発売告知の電車の車内吊りポスターも彼がデザインしました!

デザフェスに出展したり、イラストレーターとして個人活動もしている彼は、上手いんですよこういう絵が。

自分のデザインが、電車に貼られているというのは感動でしょうね。ローカル線と言えど。

a0148612_1295027.jpg


そして、同時に「近江鉄道てぬぐい」も100枚 限定発売!

1枚 1000円です。

これも、テッチャンな私が納得するまで、かなりやり直しをしてもらってようやく完成。

私も納得の素敵なデザインになったと思います。

しかも、手ぬぐいの端には滋賀発祥の○○くんがゲスト出演!

私も、何枚か買わねばなりません。

a0148612_21301742.jpg


全部売れると次は別の色で刷るかもしれませんね。

手ぬぐいの発売日は12/20(火)らしいです。

こりゃ、クリスマスプレゼントですね!



みなさん。今年の初詣は、ぜひ近江鉄道で!

発売期間は12月1日から30日まで、利用期間は12月31日から1月3日まで。




■お問合せ先
近江鉄道「初詣フリーきっぷ」
近江鉄道株式会社 鉄道部運輸課
TEL.(0749)22-3303
営業時間:平日9:00~18:00

オーミマリン彦根港「初詣きっぷ」
近江トラベル株式会社 オーミマリン彦根港
TEL.(0749)22-0619
営業時間:全日9:00~17:00

八幡山ロープウェー「初詣きっぷ」
八幡山ロープウェー
TEL.(0748)32-0303
営業時間:全日9:00~17:00

[PR]
by planettv | 2011-12-05 22:09 | graphic
a0148612_17324745.jpg


秋田道夫 SKETCH WORKSHOP 2 のご案内をさせて頂きます。

昨年は、京都工芸繊維大学はじめ学外からも多くご来場頂きました。

昨年の様子はこちら

今回も、席に限りがございますが、先生のご厚意により、参加自由で開催させて頂きます。

日時:12月16日(金
時間:13:10〜16:20 開場12:30
場所:滋賀県立大学 人間文化学部棟 D0-2階会議室にて

筆記具はB6や絵コンテ用の鉛筆等「太くて濃く描けるもの」をお持ちの方は持参でお願いします。

夜の交流会参加希望者は、こちらまで早めにメール下さい。




ポスターは学生が忙しくてやってくれないので私がデザインしました。

秋田先生らしからぬカラフルさだなと思われました?

スケッチワークショップというタイトルからの私の勝手な直感で決めました。

昨年の内容も見ているわけですからね。カラフルなんですよ。色々とね。

そして、もうじき、デザインもカラフルになるかもしれない。

なんて期待を(笑)

[PR]
by planettv | 2011-12-02 22:51 | design
ワールドのアパレルショップFLAXUSのショーウインドー「メニークリスマツ!」設営に向かいました。

私は、12:30に荷物満載のハイエースを1人で運転して別の仕事で打合せに。

その後、現地で合流。

a0148612_10183316.jpg


19時に全員で会場入り、営業が10時までの店内では、大げさにやってはならず、

ひっそりと設営作業を始めなければいけません。

みんな準備はして来たつもりでも、何で考えて来なかったんやろ?と思える初歩的な事もしばし。

8時を過ぎるとホームセンターも開いておらず、手元の道具でなんとかするしか。

それが、効率の悪さにつながっていくのです。

a0148612_10182513.jpg


背景は、下見して測量しただけあってスーパー完璧な寸法でセット完了。

これは、気持ちが良かったなぁ。

設営中、通りかかるお客さんからも感嘆の声。嬉しいですね〜。

a0148612_10181792.jpg


FLAXUSのブランドロゴと素晴らしいマッチングを見せるマツボックリ。

a0148612_101886.jpg


店内デコレーションにも少しオーナメントを設営。

落ちたりすると大変なことなので、吊りものは特に注意。

a0148612_10174781.jpg


とにかく、困ったのが、トナカイの設営。

吊る事を想定していましたが、吊り道具のアイデアを持って来ておらず、

位置決めにとても手こずりました。

ちょっとした角度や位置で見え方や動きが全然変わってしまいます。

トナカイも重量があるので、位置を保持するのがとても大変。

a0148612_10522454.jpg


現場で置いてみるとトナカイも当初の予定の4匹より3匹の方が美しいことがわかったり。

トナカイの頭もとりつけ違えていることが判明したり。

でも3匹にするならその方がベストマッチであることも判明。

と、様々なアクシデントであたふたしているうちに、終了予定の12時はとっくに過ぎてしまい。

a0148612_10173895.jpg


ショーウインドーだけだからすぐ出来るでしょ。っと思っていたのにとんでもない。

結局、完成出来たのは、朝の6時13分。






a0148612_10554577.jpg


壁からトナカイが飛び出て、壁に帰っていく。

そんな動きをショーウインドー内で表現しました。

a0148612_10501399.jpg


写真映えしなくて本当に残念なのですが。

「こんな美しいマツボックリ見たことがない。」

と思いました。

ライトがマツボックリの陰影にとても効いていて、立体感があってとても良かったです。

現物は本当にとても素晴らしい美しさでした。

琵琶湖さんありがとう。

みんなよく頑張りました!

a0148612_10213752.jpg


イオンモール木曽川キリオへ是非見に行って下さい。12/25まで。



さぁ、まだ続く!

今度は、12/10,11のワークショップ!

松ぼっくりでクリスマスツリーを作る「KID'S WORKSHOP」プログラムです!

メニークリスマツ!
[PR]
by planettv | 2011-12-02 10:44 | design