<   2011年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

NY

a0148612_20594589.jpg
a0148612_2102226.jpg


New Yorkに来ています。

NYはアメリカではないとみな口を揃えて言います。
[PR]
by planettv | 2011-09-30 21:00 | life
滋賀県は、休日になるとみんな自転車で湖岸道路を走ってます。

もう1つ見つけた自転車のグッズ。



携帯用空気入れairboneです。

a0148612_15503043.jpg


サイズが驚くほど小さいです。デザインも他の携帯空気入れとは一線を画しています。

a0148612_1661139.jpg


手のひらサイズの長さは、他の携帯空気入れの1/3くらいに思えます。

台湾製ですが、red dot design award や IF賞 台湾エクセレンスデザイン賞などを受賞。

台湾のデザインもカッコいいのです。

そして、台湾製の自転車は、一昔前は安物と思われていましたが、多くのOEM生産で技術力を身につけ、現在では世界最高のレベルにあります。

a0148612_15493933.jpg


このプロダクトで空気を入れるのは大変だそうですが、長距離ライドの緊急用と割り切れば、

非常時にはいたしかたないですし、普段は普通の空気入れが家にある場合が多いのです。

 持ち運びは不便だが、緊急時に入れやすいか。

 緊急時は入れにくいが、持ち運びに便利であるか。

弟が買うらしいので、借りてみて空気の入り方を見たいと思います。



蛇足ですが、

こちらのブログによれば、コーナンで同じものが、TIELAブランドとして格安で売っているそうです。パッケージもairboneより良くないです。不思議。
[PR]
by planettv | 2011-09-25 16:11 | product
a0148612_164456.jpg


自転車を盗られました。

といっても、一ヶ月以上前になります。

宿舎の駐輪場に停めていて、かなり奥まっているのでいつも鍵を掛けていなかったのです。

そこまで来て盗るかなぁ。とビックリしました。

盗ったところで、Biomegaのあんな自転車は目立って乗れないんじゃないかと思います。

でも、町中で見かけませんね。。。

見かけたら御一報ください。写真小さくてわかりにくいでしょうけど。

a0148612_1544677.jpg


ワイヤーロックを調べていると、価格.comで人気ナンバーワンのものがこちら。

良いデザインです。

ワイヤーではなく、金属プレートなので切断が難しいし、

収納がコンパクトなのも素敵です。

金属を樹脂コーティングしてあるので、自転車にも傷がつかない配慮が見れます。

造形に無駄が無いし、なかなかの発明ですよね。

a0148612_15442378.jpg

tate(タテ) AG70 フォールディングロック ¥2,380
[PR]
by planettv | 2011-09-20 15:58 | product
a0148612_2112577.jpg


「バックトゥザフューチャー2」でマイケル・J・フォックス演じる

主人公マーティー・マクフライが2015年で履いていた靴が発売されるらしいです。

と、言っても、ebayオークションで1500靴の限定出品。

収益はパーキンソン病に役立てられるとのことです。

ナイキは映画に登場したような「自動靴ひも調整システム」の特許を実際に出願しているとのこと。

でも、その機能は搭載されない模様です。

a0148612_2113573.jpg


バックトゥザフューチャーはとても好きな映画で、ビデオを3本セットで買って何十回見たか覚えてません。

映画で描かれた2015年が目の前に迫っているとは信じられないですね。

あんまり1985年と変わってない現実です。

映画の中では、ネクタイを二本締めることや、ポケットの中の白い袋を外に出すというのが、

カッコいいファッションでありましたが、そうはならなさそうですね。(笑)

ゴミを燃料にして走る(飛ぶ)車もまだまだです。



それにしても、この靴欲しい!

いくらくらいになるのでしょうかね?
[PR]
by planettv | 2011-09-16 21:13 | product
a0148612_21404132.jpg


信楽の艸方窯で開発中の透ける土を使った光る手洗器。

先週の日本経済新聞全国版に掲載されてからすごい反響のようです。

ブログもアクセスが毎日1桁だったのが3桁行きました。

私もこんなのは初めてなのですが、この商品はよくわからない人たちがたくさん寄って来ます。

儲かりそうだと思う商材があれば、飛びついて利ざやを稼ぐというよくわからない商売をしている人がたくさんいるということを思い知りました。



ものを気持ちを込めて一生懸命作っている人たちは確かに売るのが下手です。

そういう人たちは、多くの場合世間知らずで純粋なのです。

言い方は悪いですが、それにつけ込もうとするなんて私は本当に残念に思います。

コンサルだとか、わけのわからない偉そうな肩書きだけあって、売ってやるから金を出せという話。

もう、その便箋と書面を見ただけで私はダメダこりゃと思うわけです。




良い物は勝手に売れる。

だから、他に真似のできないものを作る。

産地はどこもそうですが、売れたものをみんなでパクり合いの世界なのです。

そんなものを置き去りにすることです。

信念もプライドもないからそういうことになって思考停止の状態です。

真似されてもそれを、引き離し続ける企画力、技術力、デザイン力を持ち続けること。

それがブランドなのです。
[PR]
by planettv | 2011-09-15 22:03 | product
そんなわけで、肩こりを調べていたらこんなスゴい動画に出会いました。

30秒っていうのは確実にウソですけど、

やってみると、両手が熱くなり、血がどかーんと流れてきた感じです。

そして、硬かった肩がふにゃふにゃになりました!

すごーーーい、これ! 信じられない!

今までなんぼ程、肩で血が滞ってたんですか?って感じです。

肩こりの人、ぜひやってみて下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=nt5ERNh0Qko&feature=player_embedded
[PR]
by planettv | 2011-09-14 23:17 | life
東京に向かう新幹線あたりから、同じ姿勢をしていると手がしびれるようになりました。

帰って来て整形外科でレントゲンを撮ってもらうも、特に問題ないでしょうとのこと。

肩こりからくるものでしょうと言われました。

でも手がしびれるって相当なものです。

ずっとパソコンしてるのが良くないみたいです。

デザインが出来なくなるかもしれません。




こんな風に身体が弱いものだから、私は長くは生きられないかなとずっと思っています。

学生の時から、「生き急いでるな。」と言われたり。

まぁ、ずっとそんな感じなのです。

だから、出来るだけ、良いことに人生を使いたいと思うのです。

あと何年生きられるかわからん状態になったら、きっと、誰もが

どうでも良いことに時間を取られたくはないのです。

いつまでも人生があると思うから、自分の身を守るのに必死になるのです。

まぁ、私にはそんな発想ありません。

人から奪いたいなんて思いません。

とにかく良い物を創りたいのです。

世界はまだまだ良くなるはずですから。

そして、子供の為にせいっぱいのものを作りたいです。

また、こんな素敵な世界もあるんだよと知らない人に伝えたいかもしれません。

さらに、しいていえば、もっと楽しい家に住みたいなと思います。




人生は短い。そんなCM。



まぁ、そんなこと言いながら、

しぶとく生きそうだ。なんて言われたりもしますが。(笑)
[PR]
by planettv | 2011-09-13 20:23 | life
a0148612_10161324.jpg


先週末は、東京行って、千葉方面行って、名古屋行って、岐阜行って、

人に会いまくる旅でした。

電話やメールでは結局ダメだったりするもんで、

会いに行くというのはとても大事なわけです。
[PR]
by planettv | 2011-09-13 10:22 | life
五味太郎さんの展覧会「絵本の時間」が滋賀県立近代美術館でやっていたので見に行って来ました。

元デザイナーというだけあって、すごくデザインとして見れるのです。

描かれているフォルムが秀逸なのです。

水彩だとずっと思っていたのですが、

カラーインクという画材であることを知りました。

やはり、原画の素晴らしさは印刷にはないものでした。

a0148612_20471122.jpg


私のお気に入りは「がいこつさん」

最後に出てくるトイレ空間に感激したり。




早速、カラーインクなるもので、私も書けるかと挑戦。

a0148612_20425319.jpg


新幹線。五味太郎風。

なんでこんな色? これしか手元になかったからです。

いいですね〜インク。

でもあれだけの大面積をにじみ無く塗るのはかなりの高度テクニックであろうとわかりました。




I went to The museum of modern art, Shiga. "The time of picture book" of Taro Gomi is exhibited in the museum.

There are a lot of good designs, because of he was a designer before he became a illustrator.

There are good form of illustrations.

I believed that the watercolor had been used for the illustration.

I learnt it is painting materials of color ink.

Original pictures is more wonderful than presses.

My favorite picture book is " Mr. Skeleton".

It's very exiting for me the lavatory space of a last scene.

I thought that I was able also to draw. I challenged the color ink.

This is Bullet train.

Why such a color is it? I didn't have any other.

Color ink is good.

I know it is a high technique he draw a big area with no blotting .
[PR]
by planettv | 2011-09-05 21:22 | graphic