<   2011年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

a0148612_1650795.jpg


今年は、大学でクーラー使うな、部屋の電気を消せ、エレベーターを使うなと。

部屋の蛍光灯は何本間引けるの?と調査に来られたり。

滋賀県はいつもやることが極端らしい。パフォーマンスのようです。



でも、いつもなら暑くてクーラーつかない土日は大学にいるのが苦しかったですけど、

今年はそうでもないです。

今日も、クーラー入るのに使ってません。



重ねて、ちょっと痩せなあかんと思うとなおさら頑張れます。

今までなら、家に忘れ物をしたら、取りに帰るの面倒で、

電話して車で持って来てもらったりしてましたが、帰る気になったり。



暑いのもちょっと歓迎するくらいの気持ち。

暑いから嬉しい。

暑いからありがとう。

そう思えば、全然いけます。

つらいと思えばつらい。

それしかできなくなったら、その状況でどうにでもなるものです。

自分を不幸に思ったら、それまでです。

なんでも、気の持ちようだな と思います。




写真は、何年も前に、節電用に作ったものです。

部屋の電気を消していると、人がいるのかいないのかわからないので、ドアの上の場所に、

「節電中、でも中にいますよ。」というマークを作ったわけです。

マグネットで金属にくっ付くので便利です。



事務室でも電気を消さないといけないので、これが欲しいとリクエストが来ました。

誰もこんな風になるなんて考えもしませんでしたが、先を行っていましたね。(笑)
[PR]
by planettv | 2011-07-11 17:15 | life
美容院で髪を切りながら、店長からパワースポットの話を聞いてました。

「自分が気持ちいいと思えるような場所がパワースポットじゃない?」って。

近くに十王村の水という湧水が出る場所があるのですが、あそこはパワーを感じます。




私は、スピリチュアルなものに昔から興味があります。

そういう人に現れるという神秘十字という手相が両手の真ん中にあります。

直感力が鋭い、霊感が働く、先祖の加護がある、信仰心が強い、命拾いするなどの意味合いがあるそうです。

学校の先生や、職場で部下や後輩を教え導く役回りの人にも、多く現れているそうです。

なんとなく、そう言われてそんな気がします。

何かちょっとしたやり取りとかで、その後ろにあるものまで気がついてしまうようなことが多いです。

単なる、私の深読みかもしれませんが、だいたい当たっているのです。

でも根拠がないからあまり言わないのですけど。

直感力があるというよりか、1から10まで話さなくても、

ちょっとした仕草や、間合いや、空気でいろんな情報を感じ取れる力が

人間は本来的にあるということだと私は思います。




スピリチュアルとかUFOとか言うと、うさんくささを思う人もいるでしょうけれど、

簡単に言えば、信じる信じないの話であろうと思います。

私は信じるということです。

そして、信じていない人には絶対に負けないなと思うということです。

結局、信じている人が世界を変えています。

何も信じなくなったがために、いろいろな問題が出てきているのは明らかです。

自分を信じて、本当に一生懸命、執念でやっていれば、奇跡が起きるのです。

時々、変な間違いもするんですが、それも宇宙が仕向けた正解へのミステイクな気がするのです。

だから、信じているのかもしれませんね。

良いように考えているだけ? かもしれませんが。



だから、「信じる」ことをみなさんにお裾分けしたいのです。
[PR]
by planettv | 2011-07-10 21:11 | life
a0148612_1649459.jpg

a0148612_16491458.jpg



formroom14が開催されるそうです。いつも急ですね。

7/17(日)18:30〜20:00

前回行けなかった学生さんたち、課題が忙しいとか言い訳しないで是非。




「プロとは何か」という質問に、

プロゴルファーの青木功選手、大相撲の大横綱、千代の富士関、ホームラン王の王貞治選手が、

全く同じ答えをしています。

プロは言い訳をしない





それにしてもいつも素晴らしいポスターですね。

ゴトウシュウさん プロの技ですね。
[PR]
by planettv | 2011-07-07 16:57 | graphic
a0148612_23291046.jpg


扇風機が飛ぶように売れているそうです。

そんな一人で何台も買ってしまうほど、扇風機が足りないのか、壊れて買い替えるのでしょうか?



私も季節外れの昨年冬に買った扇風機が役に立っています。

80年前の芝浦製作所(今の東芝)の扇風機、「睡蓮」というらしいです。



風量が、最弱ではいきなりスタートしませんで、

一度、風量を最大にしてトルクを上げて速度が乗ってから、

最弱にしないといけないという高度な操縦テクニックを要します。

今の扇風機ならすぐクレームになってしまうものですが、

それすら味わい深く感じられ、感覚的で人間みたいな道具なのです。



それにしてもdysonの扇風機もあっという間に格安の偽物が氾濫しておるようですが、

ほとんどの扇風機は何でかなと思うくらい安っぽいプラスチックなのはなぜなのでしょう。

金属でしっかり作れば80年持ったりするわけです。

持ち主を変えながらもずっと欲しい人がいるなんて、扇風機冥利につきますね。

古い扇風機で火災が多発のようですので、そうなるのだけは心配ですが、

あと20年くらいは持って欲しいものです。

そうしたら100歳です。
[PR]
by planettv | 2011-07-06 23:54 | product
最近、深夜まで大学にいるので、冷房効かないし暑くて窓を開けますと、

さらに虫がいっぱい入ってきます。

明るいほうに虫は集まるので、朝まで窓を少し開けておきました。

そしたら今朝、来たら部屋の本棚の上で鳩が寝てました。

私も1時間くらい気がつかず、鳩が突然暴れだしました。

きっと、その時、起きたんだと思います。

鳩も暑いのが嫌なんですね。(笑)

こんなに鳩と近くで見つめ合ったのこともありませんでした。





それは、そうと体重計を買いました。

最近の体脂肪などを測るものは体組成計と言うそうです。

a0148612_2340185.jpg


タニタ BC-565 まさかの青色です。

娘がこれが良いと言い張るもので。。。

女の子なのに青が好きなのです。




健康診断でちょっとヤバいと思い。

食事を考え直して、お酒も控えて、運動はしてませんが、着実に体重は減っています。

iWorkで毎日の体重を記録しグラフにするだけでも効果あるなと思います。

Word, Exel ,PowerPointは触る気になれないけど、iWorkはおすすめです。
[PR]
by planettv | 2011-07-05 00:00 | design
a0148612_21363134.jpg


久しぶりに木を削って、穴をあけて サイドテーブルらしきものを制作。

機械もろくにないので、出来る作業範囲でいつもデザインを考えます。

でも、そういったことを出来ない理由にしないことがいいデザインの秘訣だと思います。

接ぎ板はいろいろ見積りを取りましたが、最終的にネットでサイズ指定して購入しました。

木工所はどこも仕事がないので、こういった個人のDIYに応えてくれるところがもっとあればいいのにと思います。

実際、喜んで応えてくれる零細企業は多いのですが、自分でものを作りたいと思っている一般の人と全くつながっていきません。ホームページもないようなところばかりですし、職人ばかりでPRがへたくそです。そんなこと考えもしません。

だから、しょうがなく、ホームセンターに行くのですが、いい材料はほとんどありません。

東急ハンズにいくしかないと私も思ってました。






今回、学生の演習課題でLED照明をやっていますが、

さすがに、LED照明の実働モデルは自分で作るには限界があります。

こんな田舎でも探せば、近くに信じられん値段でやってくれるアクリル屋さんや、

材料費だけでここまで加工やってくれるかと驚く銘木屋さん。

レーザー加工できる刺繍屋さん、鉄工所。

黒壁ガラスの親切すぎる作家さん。

すごい技術の工学部実習工場などいろいろあるもので、

みなさん、本当に親切に、学生が頼みに行くと逆にとても喜んでくれています。

田舎ですし、大学に何も設備がなくたって、周りにはいろいろな地場産業があります。

そういった人たちとつながって、その人達も喜ぶし、学生にとってもありがたいことだし、

もっとこういう両者にとって幸せな関係作りをしていくことの大事さに今更ながら、

気づかされた次第です。

学生もコミュニケーションをとりながら、できたモノを目の当たりにして、今まで私が見た事ないくらいの嬉しそうな顔をしています。

職人さんも学生の発想が面白いと嬉しそうなのです。

こういうものづくり技術のアーカイブの集積と情報化を地方でもやれば日本の構造も変わって行くような気がします。

仕事がなくて、高齢化していくばかりの日本のものづくりの現場。

すぐ足元にある見えなかった宝物をどうするか。地方再生のヒントがあるような気がします。
[PR]
by planettv | 2011-07-02 22:27 | design
昨日は、シンガポールからデザイナーさんが来日されたので、ちょっとだけ滋賀をご案内。

シンガポールとスペインを拠点に活動されているoutofstock designの方々です。

お若いのに、とても洗練されたクオリティの高いデザインをされています。

まずは、近代美術館の伝統工芸展で日本の工芸を見て頂き、その後信楽へ。

a0148612_18153561.jpg


信楽の土に興味津々のご様子。

Lindo Cupで私のことを知ったようでした。

シンガポールとアルゼンチンご出身のお二人は、自国に産業があまりないため、

外国で活動するしかないというバックグラウンドが日本とはあきらかに違うと思いました。

生まれた時から、海外へ出ることを考えているような人達なのです。

ミラノサローネにも三回出展されたそうで、世界を股にかけて活躍されています。

そんな彼らですが、日本のデザイナーが今、世界的にも一番イケてるとのことでした。



たぬき(raccoon)に興味津々で、たぬき工場にもご案内。

a0148612_18154441.jpg


窯元さんから、たぬきをプレゼントしていただき、とても喜んで頂けました。




しかし、まぁ英語ができないとダメだなと痛感。

弟がいなかったらどうなっていたことか。。。
[PR]
by planettv | 2011-07-01 18:33 | design