<   2011年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

今日の朝、眠っていると、娘が描いた新幹線「はやぶさ」を見せにきました。

ぼんやりしか見えず、また寝てしまいましたが、目に焼き付いてしまいました。

息子の電車熱がすごくて、よく米原駅に連れて行きます。

でも、描いたのは娘で、米原に「はやぶさ」は走りません。(笑)



絵を描くという子供なら誰しも行う自由さに教えられることは大きいです。

そして、大人になるにしたがって自由な目を失っていきます。





「絵は描けたほうがいいですか?」

そんな質問をよく受けます。

大学も三年生になって、就職という目標が見えてきて、絵を描けなければと学校に残ってデッサンしている人もいます。

絵が描ける描けないというのは、才能などと思われている節もありますが、そうではありません。

絵を描くというのは、手で描くことではなく、世界という現象をきちんと見ることなのです。

絵を描くことで世界のいろいろなことが見えてくると思います。

描ける人はみんなそのことを知っていますが、知らない人はそうは思っていません。

最近は受験という合理化で、美術を教える高校も減り、いろいろな意味で世界の偏りが顕著になってきました。

美術がなんの役に立つのか、それを説明するのは簡単ではありません。




ここに、私の大好きな文章があります。

今年亡くなってしまわれた彫刻家佐藤忠良さんの中学生へ向けた言葉です。

他に、小学生へ向けたもの、高校生へむけたものもあります。

これらは、大学生へ向けても十分な内容のものだと思います。

こういう文章が載った教科書が無くなってしまっているのはとても残念であります。




美術を学ぶ人へ
佐藤忠良
 
美術を学ぶ前に、私が日ごろ思っていることを、みなさんにお話します。

というのは、みなさんは、自分のする事の意味ーなぜ美術を学ぶのかという意味を、きっと知りたがっているだろうと思うからです。

私が考えてほしいというのは、科学と芸術のちがいと、その関係についてです。(中略)

科学というのは、だれもがそうだと認められるものです。科学は、理科や数学のように自然科学と呼ばれるものだけではありません。歴史や地理のように社会科学と呼ばれるものもあります。

これらの科学をもとに発達した科学技術が、私たちの日常生活の環境を変えていきます。

ただ私たちの生活は、事実を知るだけでは成り立ちません。好きだとかきらいだとか、美しいとかみにくいとか、ものに対して感ずる心があります。

これは、だれもが同じに感ずるものではありません。しかし、こういった感ずる心は、人間が生きているのにとても大切なものです。だれもが認める知識と同じに、どうしても必要なものです。

詩や音楽や美術や演劇ー芸術は、こうした心が生みだしたものだと言えましょう。

この芸術というものは、科学技術と違って、環境を変えることはできないものです。

しかし、その環境に対する心を変えることは出来るのです。誌や絵に感動した心は、環境にふりまわされるのではなく、自主的に環境に対面できるようになるのです。(中略)

人間が生きるためには、知ることが大切です。同じように、感ずることが大切です。

私は、皆さんの一人一人に、ほんとうの喜び、悲しみ、怒りがどんなものかがわかる人間になってもらいたいのです。

美術をしんけんに学んで下さい。しんけんに学ばないと、感ずる心は育たないのです。


              株式会社 現代美術社1981年(昭和56年)発行
[PR]
by planettv | 2011-06-29 21:35 | life
a0148612_21524734.jpg


すごく暑い金曜日でした。

生活デザイン卒業生で、京都に平山家具製作所を開設された平山和彦さんを訪ねました。

最近は、職人を目指す学生も多く、こういった現場に学生をよく連れて行きます。

現場でこういう生の情報を得ておくのは今の学生にはとても貴重なことだと思います。

印南ゼミ一期生の彼は、卒業制作でも背もたれをテーマにした家具を制作し、

それが食堂前に展示されていたのを私は覚えていました。

彼は二年生の時に家具の道に進むことを決めたそうで、

誰も家具を教えてくれる先生がいなかったし、

工具もなかったのでご自身で木工作家さんを訪ねたりして勉強されたそうです。

卒業後、上松技術専門校に入学され、その後、京都の家具会社に勤められ、今年独立されたばかりです。

就職は、一度断られたくらいで諦めず、熱意をみせなさいとのことでした。

a0148612_2159353.jpg

在学中に木工家の勧めで、刃物を研げるのは基本なのでまずやりなさいと助言を受けて、

名古屋にカンナを買いにいって、カンナの刃物研ぎを一人本を読んで勉強されたそうです。

後で思うと、うまく出来ていたとは言えないが、技術専門校に入ってから他の人よりもアドバンテージがあったそうです。

a0148612_2222972.jpg


実演を交えて、技術専門校での話、家具業界の話、PP701の話などを伺いました。



技術を学んでもそれを活かせる職場がとても少ないということでした。

こういう先輩がいるのはとても心強いですね。



平山さんですが、28日(火曜日)に滋賀県立大学に来校されて、5限目の道具計画論で講義をされるそうです。

興味ある人は是非。



奥さんは平山日用品店というネットショップでアンティークショップを経営されています。

そんな素敵なご夫婦でした。

a0148612_22125918.jpg

[PR]
by planettv | 2011-06-25 22:09 | design
a0148612_17375951.jpg


今日は良い話を聞きました。




自分が幸せになるかどうかは、自分で決めている。

自分の胸にある「幸せになる」って書かれたスイッチを、

自分で押すかどうか。

幸せになるにはそれだけ。




そのスイッチは他人には押せなくて、自分にしか押せないスイッチなのです。

その方はそのスイッチを自分で「押した」のです。

そうすると、幸せになるための行動になり、

いろいろな幸せが舞い込み。

実際、幸せで毎日楽しいそうです。




みんな幸せになりたいとは言ってはいるのですが、

本当にそう思って、自分のスイッチを自分で押している人がどれほどいるでしょうか?

他人が、スイッチを押してくれるのを待っている人も多いのではないでしょうか。

そうすると、目の前に転がっているチャンスも見逃してしまうのです。

スイッチが入っていると、いろいろなチャンスに自分から気がつき始めるのです。





「今の仕事は自分の天職じゃない。」 

「私のやりたいことはこんなことではない。」

そんなことを思っている人にはいつまでも天職は訪れないし、

やりたいことは見つかりはしないのです。

天職に出会ったらやる気がでてくると思って、天職を探すのですが、

実は、逆で、今やるべきことを一生懸命やるから天職に出会える。

自分の境遇は全部、自分で決めているんです。

全ては自分の思っているとおりになっているのです。




本当に、そうだなと思いました。


アルバートさんに感謝。
[PR]
by planettv | 2011-06-23 17:41 | life
a0148612_095954.jpg

[PR]
by planettv | 2011-06-20 00:14 | life
a0148612_18361363.jpg


ゼミでお店を出すという試みをしました。

お店の名前は「ROUTE 373」 

あいにくの雨天でしたが出店を決行しました。

a0148612_1839172.jpg


イーゼルで屋根を支えるという苦肉の策。

a0148612_18355421.jpg


16名のゼミ生による17作品と私も自分のものを少し。

周りの店が撤退する中、最後まで粘りまして、約34,000円の売り上げ。

a0148612_18354427.jpg

a0148612_18352972.jpg

a0148612_1835207.jpg


結局、1つも売れなかったのは私だけという素晴らしい結果でした(笑)

まぁ、私のを見て「高い!」と思わせて、他のを見て「安い」と思わせて売る作戦でしたが。

一年生のお店も横で出したんですが、本当に雨でなかったらもっといい結果だったのですが、

三年、四年のを見て悔しいと思うのが大切かなと。良い勉強になりました。
[PR]
by planettv | 2011-06-18 18:43 | design
a0148612_2344526.jpg


息子の電車好きとバス好きはすごいものがあります。

そんな中、プラレールを複線化するというこのクリエイティブ発想に釘付けになりました。

(引用元:cotoba 家庭のインフラをつなぐプラレールアドバンス




プラレールの線路には2本の溝がありまして、そこに車輪を乗せて走るのですから、2本のレールが必要だったわけです。

それを複線化するということは、車両を小さくして、二車線にしてしまうということですね。

今までの資産を無駄にすることなく、2種類の楽しみ方を提案しているのです。




思いついた人すごいと思います。

なかなか、普段そういう視点でモノを見れないものです。

こういうやり方は、これからの時代に合っている考え方だという気がしました。

今までのものを切り捨てて、新しい顧客を開拓するのは大変です。

これなら、今までの資産を2倍楽しめるし、複線化というお金持ちしか出来なかった「てっちゃん」の夢を簡単に実現できます。

そして、車両がすれ違うシーンがたまらん「てっちゃん」も多いのです。

この前も、交通博物館に行って、子供に鉄道模型の大ジオラマを見せていたら、後ろのカップルが、

「サンライズエクスプレスとトワイライトがすれ違ってる〜!」

と叫んでいました。

それって、そんなにすごいの??? と思いましたが。





でも、このアドバンスは車両が従来のプラレールよりリアル系にシフトしていて、

もっと短いデフォルメタイプのほうが良いと思うんでですけどね。個人的には。
[PR]
by planettv | 2011-06-17 23:39 | design
a0148612_23223730.jpg


最近、本格的に太ってきた(ような)ので、暮らしを変えなければと思いまして、

夕方に一度、ご飯を食べに帰って、そこからまた仕事に戻るような暮らしにしています。

運動しないでやせようとするあたりが…。



しかし、そうすると、学生も来ない夜に「時間」があるものだなと思います。

時間はないものではなく、作るものなのでしょう。

仕事は忙しい人に頼めという言葉もあります。

学生の作業風景を見ていると、ダラダラと過ごす習慣が身に付いている人が多いなと思います。

一人では寂しくて出来ないものだから、友達と深夜まで残ってたりするのですが、

大半が、しゃべりながらダラダラとやっているように思います。

私は、一人でないと集中できなかったので、学生時代は学校に一人一人にドラフターがあるにも関わらず、

家でT定規で作業するようになったのですが、そういうのが習慣になってしまったのかもしれません。

逆に、一人で作業できなくなる習慣になる人も多そうです。




習慣が人を作るようなもので、本人にとっては当たり前すぎて気がつかないようなことが、

もっとも人生に大きく影響していたりします。

つまりは、自分というものをどう経営するかなのですよね。

でも、こんな夜まで仕事している暮らしもまた変えなければ。なのです。
[PR]
by planettv | 2011-06-16 23:25 | life
a0148612_2225429.jpg


18日に湖風夏祭にて出店いたします。





昨年はゲリラ出店し、実行委員会からクレームがついて、30分で閉店も、

「さっきあった、あのお店どこ行ったの???」 

と一般のお客さんから反響を呼んだ伝説のお店が再び!!!
[PR]
by planettv | 2011-06-15 22:26 | design
a0148612_2339222.jpg


キヌガサタケという珍しいキノコが生えていました。

匂いはすごいですが、中華料理の高級食材だそうです。

西欧ではキノコの女王と呼ばれるらしいですが、西欧にはないそうです。

自然はすごいデザインをします。
[PR]
by planettv | 2011-06-14 23:41 | life
a0148612_218027.jpg


de sign de > で緊急開催された、「ミラノサローネ報告会:DESIGN SOIL、SIDES CORE、TERUHIRO YANAGIHARA」に行ってきました。

関西で頑張っている3チームによる報告会でした。




Design Soilは、神戸芸術工科大学プロダクトデザイン学科有志によるデザインプロジェクト。
大学というニュートラルな場から、実験的なテーマに取り組む。
http://www.designsoil.jp/

荒尾宗平、荒尾澄子/SIDES CORE
空間、建築、家具、プロダクトデザインやプロデュース、ディレクション等 、多面的な視点から本質を探究するという
SIDES COREのコンセプトに基づき領域なく国内外で活動を展開中。
http://www.sides-core.com/

柳原照弘/TERUHIRO YANAGIHARA
KARIMOKU NEW STANDARDクリエイティブディレクター、DESIGNEAST実行委員メンバー。
http://teruhiroyanagihara.jp/

a0148612_2182674.jpg


a0148612_2181674.jpg





話の中での海外の大学のプロジェクトのすごさに口が開いてしまいました。

BaccaratやALESSIと組んでやったプロジェクトのクオリティの高さ。

大学の工房を使って商品を作ってお金を稼いでいるという事実。

そういうことをすると、なぜか少し悪いことをしている気になってしまう日本。

日本の大学のデザイン教育は、世界的にかなり遅れています。

国は科学技術の振興には熱心ですが、それを着地させるのに重要な役割を果たすデザインやディレクションへの価値をわかっていません。

学生のうちに海外へ勉強へいくとしても、国がさらりとお金を出してくれる欧州。

日本の大学で頑張って、自分のお金をつぎ込んで海外の展示会に出したりするより、

手厚い海外の大学に行って、そこからさらりといろいろな経験をする方が良いのではないか?というリアルな話もありました。




しかし、滋賀県立大学からの学生が全体の来場者の3割を占めていて、

そして、講演会が終わってすぐ帰るのが今までの学生でしたが、帰らず柳原さんを取り囲み離さないすごい女子力の一年生。

う〜ん。やっぱり今年の一年生は何か違う!

そんな良い学生のいる私の大学も、もっと大きなことをやらなければなと思いました。
[PR]
by planettv | 2011-06-13 22:16 | design