<   2011年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

滋賀県立大学 生活デザイン学科 南研究室では今年は、「滋賀」をテーマに卒業制作を行いました。




トトノエ 家庭の洗面まわりを快適にかえる提案 
Kataoka Shiori 片岡志緒里

洗面の回りは、どの家庭も非常に雑多であるという調査結果より、
どうしたら片付けられるか、いや、片付けなくても、雑多に見えない洗面とはどういうものかということを考察し、設計したのがこの洗面台です。
滋賀の信楽焼の温かみある独特の空気感を持った洗面台。その器の中に様々な道具を収納します。
使うほどに味わいがでてくる洗面台の提案です。

a0148612_2325536.jpg

a0148612_23254235.jpg

a0148612_23253255.jpg

a0148612_23251315.jpg



しがいろ 地域の新しい塗料のデザイン
Natsumi Nishizawa 西澤奈都美

滋賀県の色をテーマにした新しいペンキの提案です。
ペンキと言えば、原色中心のホームセンターに並ぶものを想像しますが、
これは、滋賀の色を探し歩いて、自分の解釈や想像も含みながら
「しがいろ」として実際にペンキや色票を制作したものです。
彼女の想いの色であるこのペンキは、お菓子のようなパッケージで美味しそうな色が揃ってます。

a0148612_2323889.jpg

a0148612_23234598.jpg

a0148612_23233485.jpg

a0148612_23232145.jpg



ふなずきんちゃん 滋賀の郷土料理ふな寿司をPRするツール
Tomomi Iwasa 岩佐知美

滋賀の郷土料理であるふな寿司をPRするためのキャラクターのデザインです。
ふな寿司という「くさい」けど、「からだにいい」発酵食品をもっと知ってもらおうと、
ゆるキャラとしてのグラフィックデザイン、さらに実際の着ぐるみを制作し、
twitterなど、インターネットメディアでの活用も視野に入れた制作となりました。
反響はすごいものがあり、新聞、レディオ、TVに多数取材されました。
※制作著作は南研究室に帰属します。

a0148612_23222036.jpg

a0148612_23221168.jpg

a0148612_23223718.jpg

a0148612_23215194.jpg


http://funazukin.exblog.jp/







琵琶湖に浮かぶフローティングハウスの設計 漂流集落
Megumi Mitsuhashi 三橋恵

琵琶湖の夕日は何度見てもとても美しいものです。
琵琶湖の上でもし暮らせたらどんな暮らしが出来るだろうか?
そんな空想の湖上のすまいを考えたものです。
集落のようにくっついたり、離れたり、船に乗ったり。
自然の厳しさも知りながら暮らしていく暮らしはどんなものでしょうか?

a0148612_23241179.jpg

a0148612_23244115.jpg

a0148612_23243277.jpg

a0148612_23242245.jpg



琵琶湖に生きる76の個性 魚類学習スタンプのデザイン
Sayuka Higuchi 樋口紗由佳

琵琶湖の魚類をテーマにしたスタンプを制作しました。
専用のノートにハンコを押しながら、琵琶湖の魚類に関しての勉強が出来ます。
例えば、「食べても美味しいさかなはどれ?」という問題があったり。
スタンプはいろいろなアイテムに押して楽しめます。

さかなクンも、ギョギョ!

a0148612_23283438.jpg

a0148612_23282580.jpg

a0148612_23285389.jpg

a0148612_23284387.jpg



疲れた! お疲れさん。
[PR]
by planettv | 2011-02-24 23:49 | design
西宮阪急で開催中の里山アートガヤッテキタ。

を見に行ってきました。

麻谷先生と一回生のコラボです。

a0148612_17541669.jpg

a0148612_17563047.jpg

a0148612_17543071.jpg

a0148612_17562047.jpg


難しい展示会場で、いろいろあったでしょうけど悪くないと思いました。




背景の廊下は有名なイタリアンレストランでして、

それが空間的にかなり救われていると思いました。




そして、そのイタリアンレストラン Osteria Giuliaで食事をしましたら、

ナイフレストが全て「拾ったような石」で、そのリンクに驚きました。




食事をする前に、この石を見て。

食事しながらまた、石を見て触り。

食後にまた、石を見る。

そこで、何かがわかり、何かが変わる気がします。



3/1まで開催してます。
[PR]
by planettv | 2011-02-22 18:08 | design
a0148612_18581097.jpg


ファスナーの模型を作っていて、こんな歌を思い出しました。

世界には、目に見えないファスナーがたくさんあるということです。




「もしもウルトラマンのそれのように
総ての事にはファスナーが付いていて
僕が背中見せているその隙に
牙を剥くつもりでも信じてみる値打ちは
あると思えるんだ」

Mr.chirdren ファスナー
[PR]
by PLANETTV | 2011-02-20 19:14 | design
京都市立芸大卒制展


a0148612_20223048.jpg
a0148612_20215873.jpg
a0148612_20214886.jpg
a0148612_20214081.jpg
a0148612_20213097.jpg
a0148612_20211812.jpg
a0148612_202194.jpg
a0148612_202112.jpg
a0148612_2020494.jpg
a0148612_20204159.jpg
a0148612_20203311.jpg
a0148612_20202333.jpg
a0148612_20201561.jpg
a0148612_2020297.jpg
a0148612_20195364.jpg
a0148612_20194336.jpg
a0148612_20193194.jpg
a0148612_20192283.jpg
a0148612_20191280.jpg
a0148612_2019397.jpg
a0148612_20185313.jpg
a0148612_20184024.jpg
a0148612_20183012.jpg
a0148612_20182236.jpg
a0148612_2018132.jpg
a0148612_2018535.jpg
a0148612_20175746.jpg
a0148612_20174894.jpg





グダグダ言ってないで、とにかく手を動かす。

それだけで人は感動するということです。





しかし、作者の名前を見ていると女子ばかり。

この10年間の世界の変貌はすごいものがあると思いました。
[PR]
by planettv | 2011-02-17 20:28 | life
a0148612_11161085.jpg


私の授業で行った、「琵琶湖の石を木で作りなさい」の学生の作品たちが、

西宮阪急で「麻谷宏x滋賀県立大学」というコラボレーション企画で展示されています。




昨年、西宮の里山で行われたアートビエンナーレの企画です。

今度は、そのアーティストたちの作品が街に出てきたというコンセプトです。

学生の作った「石」がよく合いそうなとても良いテーマだったので、

麻谷宏先生とのコラボレーションが実現しました。



麻谷先生は言ってました。

こんなデパートのような場所で、展示をするのはとても大変だ。回りはみんな騒がしいし、主張しまくってる中でどう魅せるかは学生にとってもとても勉強になるだろう。そして、こんな場所で大きな「滋賀県立大学」の文字を見るとなんか変な気分だ。

同じ文字が、どこにあるかで、その印象がまた違ってしまうのも興味深いですね。

神戸、大阪方面、お近くの方は是非。




2011年2月16日(水)-3月1日(火) 10:00~20:00

●西宮船坂ビエンナーレの感動を再び!ビエンナーレ作家が全館占拠!?

「デパートに、里山アートがやってきた!」~西宮船坂ビエンナーレ関係作家が彩る都市空間~

{会場}:西宮阪急(西宮ガーデンズ内)
{主催}:西宮阪急 {協力}:船坂里山芸術祭推進委員会
{参加アーティスト}:麻谷宏(+滋賀県立大学)・有坂ゆかり・
     岡田安紀子・勝木繁昌・菅かおる・
     北夙川不可止+田面遥華+西村佳子・北村美和子・小林俊哉・
     古巻和芳+TeN+井上真喜+夜閒工房 ・肖麗・鈴木貴博・
      CENTER EAST+井上雅人・高原和子・田中和人・田中直樹・玉置りさ・
     田村美由樹・福永宙・藤井達矢・宮本洋子・吉井貞俊
{コーディネーター}:藤井達矢




同時開催で、『美大生&若手作家によるアートフェア』というのもやってます。

a0148612_11244492.jpg


2月16日(水)~2月22日(火)4階催場<最終日は午後5時終了>

現役美大生や新進アーティストなどが作るお手頃な絵画や陶芸、アクセサリー。ふだんの生活に取り入れやすいものがたくさんあるそうです。

私も週末行こうかな。
[PR]
by planettv | 2011-02-17 11:28 | design
a0148612_1893227.jpg


DESIGNER'S FILE 2011が届きました。

10冊。




思ったより、良い装丁だ。
[PR]
by planettv | 2011-02-14 18:13 | product
まだ新しいのですが、家にあるバスタオルが嫌で嫌で。

全然、水を吸わないのです。

風呂上がりって気持ちよくいたいのに、なんか嫌な気分になる。

このせいで疲れが取れない気がする。

そんなバスタオルなのです。




a0148612_22483031.jpg


それで、いつかいいバスタオルを買いたいと思っていたら、

gallery yamahonで良さそうなのを見つけたのです。

この山奥のギャラリーはいいものをたくさん置いているので遠いですが、好きなのです。

最初は、これがバスタオル?って目を疑うコンパクトさにどうなの?って思いました。

でも、ガーゼで出来ていて赤ちゃんの包みにも最適って書いてあったので、それに惹かれて買いました。

色も、濃紺、濃い茶、茶、薄茶 とどれもいい色で迷いましたが、

結局、家に合いそうな薄茶に決定。



すごく水を吸ってくれて、すぐに乾いて、とても気持ちいいものです。

なんで、世の中のバスタオルはこれでないのだろうか?と思いました。
[PR]
by planettv | 2011-02-13 22:58 | sustainable
a0148612_17391613.jpg


おっとっとみたいなアメリカのお菓子。



アメリカの魚で思い出しました。

a0148612_183498.jpg

(写真は旭川企業立地セミナー2009より)

旭山動物園のアザラシの垂直トンネルを見て、アメリカの水族館から、

なんてかわいそうな事をしてるんだ!と苦情が来たそうです。

あの小さい水槽に閉じ込めていると思ったのです。

事情を説明すると「それは素晴らしい!」となったそうですが。。。




旭山動物園の本を娘が愛読してるのです。

行ったこと無いですけど。。。
[PR]
by planettv | 2011-02-13 18:17 | product
今日は朝からある和菓子やさんへ打合せに。

まだ、終わってませんでしたチョンマゲ。

滋賀にこんな良い和菓子屋さんがあったんだと思えるところです。

私にとっては全てが理想的で、ここでダメならもう諦めよう。くらいの素敵な和菓子屋さんです。

これも、いろいろな偶然からのご縁です。




これはいろんな意味で非常に難しい商品であることが、この様々な紆余曲折でわかりました。

一発ギャグネタのつもりで考えたつもりは決してありませんが、

メーカーや、売り先、その見方によっては、様々な解釈を呼んでしまうものなのです。

それぐらいの際どさがあることは当初からわかってましたが、これに難儀させられることになります。

つまりは、形で終われないわけで、全てで語らないと語れないということです。

a0148612_23225434.jpg


帰って早速、モデルの作り直しでサイズダウンのスタディ。

コースアウトしないでヒートカッターを走らせるのはいつまでも難しいです。

a0148612_2323924.jpg


今からパテ塗り。
[PR]
by planettv | 2011-02-11 23:48 | product
a0148612_1861061.jpg


今日は、FM滋賀から、「ふなずきんちゃん」のラジオの取材。

ラジオ向きではないけれど。。。

ネットで動画も配信されました。

http://radioloco.e-radio.jp/

レポーターの森田さんはプロですね。

すごい。

ふーちゃんも負けじとプロ。
[PR]
by planettv | 2011-02-10 18:07 | life