<   2011年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

今日は朝から大学。

三回生のWSCA2011のほぼ最終チェック。今年もいい感じでまとまってきた。

四回生の明日の発表のリハーサル、レジメチェックを終えてから大阪へ。

電車の中では、たまたま一緒に乗った一年生のエスキスチェックです。。。



なんばPARKSであるお店を視察。



その後、梅田のダイワハウス本社へ。

a0148612_22595075.jpg


明日開催の滋賀県新技術・新工法展示商談会の設営です。

ダイワハウスを対象とした商談会。なんだか変な企画です。

私がついた頃には、設営完了。。。

まぁ、良く出来ていましたので安心でした。

光る洗面鉢なので、暗いボックスを用意して、

覗いてもらうという行為で、周囲の人を引きつける作戦です。

誰かが覗いていると、自分も覗きたくなるものです。



明日は、残念ながら卒業制作の公開審査で商談会には来れませんが、TV取材が入っているとの事です。

あと興味あるメーカーの来訪も聞いております。

良い話があるといいですね。

でも、モノが良いと話には困らないということがわかってきました。

これも、まだ完成しているわけではないのですが、

なんとしてでも良いものにすること。

それが一番大事なのです。
[PR]
by planettv | 2011-01-30 23:14 | design
a0148612_23303985.jpg


今日は、朝からFLUXUSの「ふらく咲かす」のプレゼン。

ショップのバックヤードで打ち合わせ。



FLUXUSというのは(株)ワールドのお店の業態のひとつで、最近モールに多いのですが、

広大な面積に複数のブランドや飲食まで入れて、1つのお店とすることで訴求力をあげている形体と言いますか。新しいお店のスタイルなわけですね。

そういうわけで、AEON MALL名古屋ワンダーシティとAEON MALL木曽川キリオをはしごしました。

しかし、このFLUXUS内のジュースバーAOKIのフルーツジュースはうますぎるなぁ!




現場に行って話し合いをしてみるといろいろわかりやすいもので、

最初からこれをやりたかった所ですが、

アパレル販売業のすごいスケジュールでは少しの先が読みづらく、

関わっている人も多く、AEONも絡んでくるのでいろいろその中での擦り合わせは大変なものがあります。

まぁ、大きな組織の中で良いデザインを貫徹するのは大変だということの一端です。

でも、だからこそプロにはできないことを学生の力でやる可能性にかけているんですけどね。



帰ってくると、関ヶ原から大雪。

彦根もかなりの積雪になってました。

そんな中、携帯をなくしてテンヤワンや。

結局、自宅前の雪に埋もれているところを発見!
[PR]
by planettv | 2011-01-26 23:51 | design
a0148612_20133234.jpg


今日は、仏壇などの飾り金物を作られている職人さんのもとへ。

お願いするのを恐縮してしまうくらいの技術で驚きました。

1枚の板からたたき出したと思えない立体感。

図案のバランスやセンスもすごいなと感心しました。

私も、学生時代仏壇店でバイトしてましたが、なかなかこういう金物は無かったような。





近所でも、こういったものを作れる職人さんは、もう一人しかいないとのこと。

その方もご高齢だそうで技術の継承が危ぶまれています。

従来通りのものを作っていてもなかなか売れるわけではありません。

何かとつながれば何かになりそうな技術なんですけど、その何かがわかりません。

こういった状況の職人や中小企業は日本中にごまんとあります。

デザイナーはそういったものを考えて、こういった方々がやっていける仕組みを再構築するのが仕事です。

デザイナーのやるべきことはたくさんあり、デザインは今の日本に本当に必要とされていると思います。

私もそういうわけで宿題が山積みです。

肩が凝ります。

ネコの手も借りたいです。




私にそっくりだと言われたネコです。(笑)

a0148612_21244263.jpg

[PR]
by planettv | 2011-01-24 21:21 | design
今日は、大スター「ひこにゃん」に会いに彦根城へ。

晴れていれば天守閣なのですが、今日はあいにくの天気で博物館内での部屋への登場です。

意を決して、ひこにゃんとのツーショットを目指し乗り込みました。

a0148612_18313666.jpg


芸に磨きがかかる「ひこにゃん」

プロやな。

a0148612_18315150.jpg


観覧席で大スターの演技をじっとみつめる「ふなずきんちゃん」。

最前列に陣取るも、「ひこにゃん」はまったく絡んでくれず。。。

五分でお腹がすいて帰ってしまった「ひこにゃん」。

ふな寿司を召し上がってくれても良かったですのに。。。と落胆。

a0148612_18372830.jpg


しかし、その後、「なにこれ〜?」と、群衆に取り囲まれ大人気の「ふなずきんちゃん」

a0148612_18484390.jpg


彦根リキシャのお兄さんも大変気に入ってくれました☆

これからも滋賀の郷土料理ふな寿司をPRするために活躍してくれることでしょう。
[PR]
by planettv | 2011-01-23 18:49 | design
今日は、午後から学生に同行して能登川の家具屋さんへ。

家具屋さんと言っても、看板も何もない倉庫で前を通っても絶対にわからないです。

競りなどで家具を仕入れて修理して、売るというような事業をされているそうです。

その学生はよく前を通って飛び込んで見つけたなと感心。

a0148612_17423339.jpg


倉庫の中には、家具やら家電やら、バイクやら車が。全部アンティーク。

田舎のこんなところでこんな事をされている人がいるんですね。

そして、滋賀でもそんな競りがあることに驚きました。

a0148612_17425617.jpg


私が前に買った芝浦の扇風機は良く出ているからそんなに高くないとのこと。

a0148612_17424535.jpg


この川崎の扇風機は非常にレアアイテムだそうです。

a0148612_1743749.jpg


このイギリス製のランプもかなり貴重なものらしいです。

すごく親切な方で、写真撮影用にアンティーク小物をたくさん貸して頂きました。
[PR]
by planettv | 2011-01-22 17:49 | sustainable
a0148612_11553420.jpg


「龍馬の幕末中敷」

頂いた物で、付けてみました。




この靴が「かわいい」とよく皆さんに褒められます。

merrell の mootopia という靴です。

もうかかとが破れててダメなんですが、もう一度同じのを買いたいと思います。

履きやすく、ペチャンコで歩きやすいので。

私は、同じ靴ばかり買うんですね。

以前も同じ靴を三回買ったかな? 似たような革の丸い靴です。
[PR]
by planettv | 2011-01-22 12:01 | design
祇園にて、「北島酒造 x 滋賀県立大学」展のオープニングパーティへ。

「お父さんありがとう」というお酒のラベルやパッケージデザイン。

「お父さんありがとう」という商標をこちらの北島酒造が抑えられているそうで、

現状のラベルを変えたいという話から三年生の道具デザイン演習の課題で取り組んだものです。

道具デザイン演習では企業と組んで実際の商品開発を学生が多数行っています。

a0148612_11235179.jpg


業界にいるとどうしても頭が固くなり、なかなかこのような斬新な案が考えられないとのことで、

若い人のお酒離れもあり、特に日本酒があまり飲まれなくなっていますが、

若い人がどういうお酒だったら飲みたいのかを知ることもできるマーケティングにもなり、

北島酒造様にもたいへん喜ばれています。

「お父さんありがとう」の書体も全てデザインされていて、完成度高いです。

a0148612_11233890.jpg


お酒のラベルの枠を超えた提案の手ぬぐいや、パッケージデザインの提案、酒器の提案、

コンピュータを使ったメディア活用の提案もありました。

手ぬぐい案は実際に採用されたそうです。

a0148612_11232036.jpg


一階では、北島酒造の販売商品をご紹介。

北島酒造は、御代栄を代表酒とする滋賀の蔵元です。

a0148612_11241368.jpg


学生たちが日本酒に合う料理やフィンガーフードなどを用意してくれてシャレたパーティになりました。新聞の取材も来ていましたね。

私も、ハス寿司を差し入れ。

展示会は明日、23日までです。
[PR]
by planettv | 2011-01-22 11:30 | design
卒業制作も締め切りまでついにあと一週間。早い。

a0148612_2330458.jpg


見つめ合う2人。滋賀県を揺るがす(?)「揺るキャラ」を開発してます。



今年は制作をする人は少なめですが、なかなか巨大な作品が多そうで、

見応えはありそうです。

指導する側としてはとにかく、なにより完成させて欲しいものです。

内容が良くても完成してないと意味ないですからね。




学外展示も京都でやります。おこしやす。


◆卒業研究・修士研究展示会
 日時 平成23年2月2日(水)~ 6日 (日)
    10:00~18:00
 場所 交流センター ホワイエ

◆業研究公開審査会(制作系)
 日時 平成23年1月31日(月)
    10:00~
 場所 交流センター ホワイエ

◆卒業研究公開審査会(論文系)
 日時 平成23年2月1日(火)
    10:00~
 場所 交流センター 研修室

◆修士研究公開審査会
 日時 平成23年2月8日(火)
    10:40~
 場所 D0棟2階会議室

◆卒業制作学外展示会(学生有志)
 日時 平成23年2月19日(土)、20日(日)
    10:00~17:00(最終日は16:00まで)
 場所 京都市勧業館 みやこめっせ


a0148612_23333170.jpg




そして明日21日は、京都祇園にて滋賀県立大学x北島酒造展示会オープニングパーティーおこしやす。
a0148612_23395337.jpg

[PR]
by planettv | 2011-01-20 23:36 | design
岡山県の閑谷学校を訪れました。

前々から行きたいなと思っていたのですが、なかなか機会がなく。

a0148612_1091281.jpg


建築を見るだけでも、背筋がピンと伸びてしまうような学校です。

ここで毎日正座して勉強していたかと昔の風景を想像しますと、

今の学校が失ってしまったものがあるのだろうなと思いました。



建築も良いのですが、なんといってもこのかまぼこのような丸い石の塀がすごいのです。

周囲756mを取り囲んでいます。

内部には洗浄した割栗石が詰められ、雑草木が生えないように工夫されているそうです。

300年を経てもこの状態です。

a0148612_1016122.jpg


左の山も防火のために人工的に作られたそうですが、この石塀とのマッチング。






そして、今年はたまたま研究室の新森雄大さんが、

「第17回 空間デザイン・コンペティション 〜多目的な教育空間のためのガラス質〜」において、

閑谷学校に着想を得た、「縁(ふち)の教室」という提案で優秀賞を受賞しました。

a0148612_108172.jpg


この石塀がガラスで出来たとして、その内部が回廊のように続く教室空間だとする提案です。



「多目的な教育空間のためのガラス質」という難しいテーマに対し、

実現性はさておき、閑谷学校を取り囲む塀を巨大化し、教室空間として校庭を囲むあたりは、

現代の学校の持つ問題を現代的に建築化している提案でもあり、

300年のコンテクストを持ってきている点は興味深いですね。




彼は、他の私立大学から私の研究室へ来た大学院生 第一号なんですが、

いつもおみやげを買ってきてくれたり、来客のお茶を用意していたりと、驚くくらい気の効く学生です。FLUXUSのプロジェクトリーダーもやってもらっていまして、こういうバランス感覚や編集能力の高さにも性格がよく出ていると思います。

良い学生に大学は支えられているなと思います。
[PR]
a0148612_2153488.jpg


今日は大雪の中、香川へ。

滋賀南部は何ともない様子。彦根はすごいです。

東かがわ市のRuboaさんへ。

a0148612_2154297.jpg


a0148612_21573058.jpg

コバ処理。
a0148612_2244134.jpg

革漉き。



すごくシステマチックで高い技術。

物になるまでの綿密なプロセス設計なくしては出来ないでしょう。

工場見学後、打ち合わせもあっけないくらい簡単に終わり、

本当に大丈夫?と思いましたが、あのスピード感はすごいです。

即断即決。

「さぁて、どうしましょっか? と言うと進まない。」という林社長の言葉が印象的でした。

その場に居合わせた様々なメーカーさんもご紹介いただき、いろいろ勉強になりました。

a0148612_21541415.jpg


近くのうどん屋「六車」にて昼食をごちそうになりました。うまい。
[PR]
by planettv | 2011-01-17 22:10 | design