<   2010年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

a0148612_2375114.jpg









陶器三昧だった2010年を象徴して。

今年も宜しくお願いいたします。
[PR]
by planettv | 2010-12-31 21:19 | graphic
電気自動車元年の今年。



その63年前、戦後の焼け野原を駆けぬけた電気自動車があったそうです。

たま電気自動車。素敵☆

a0148612_20322837.jpg




49年型たまセニア号では、1充電200kmの走行が可能だったそうです。

もし、その後ガソリンが安価で手に入らなければ今頃世界は変わっていましたね。

ガソリンのエネルギー総合効率が8.6%に対して、電気自動車は35%ですからね。
(出所:日本経済新聞、2008年12月14日号、11面)
[PR]
by planettv | 2010-12-28 20:42 | product
ELECOMのipod nano用バンドいいなぁと思いました。

a0148612_20104819.jpg


ELECOMなんでもやっちゃいますね。

a0148612_2011265.jpg

a0148612_20111840.jpg


ヨドバシカメラで現物見ましたらこの写真ほど良い革は使ってなさそうでしたけど。




scott wilson's kickstarter iPod nano watch projectはさらにすごい。

a0148612_20141040.jpg


a0148612_20134889.jpg


大学入試の試験監督とかたくさんやらないといけないシーズンになってきました。

ipodを時計代わりに使ってはならない。

とかいうレギュレーションがありますが、

こうなってきたら、何がipodで何が時計なのかわからないではないですか。。。

知らない人にとったら、ipodだと気がつかないです。

PSPも携帯電話になっちゃったり。

コンピュータのマイクロ化でそのうち時計でインターネット接続も出来るでしょうし、

試験で自分の時計は使用してはならない時代も来そうです。





しかし、大変なんですよね。センター試験のリスニングの試験監督。

一人一人全員に同じ機械を配って試験をするという、

技術大国日本でしかできないような試験をよく考えて実行したものです。。。
[PR]
by planettv | 2010-12-28 20:27 | product
鉛筆の記事を書いて素敵な鉛筆を思い出しました。

a0148612_18214296.jpg


昔リサイクルショップで見つけたソニーの鉛筆。




そこで寝転がっている少年は「ソニー坊や」と言うらしいです。

昭和30年代に活躍したそうです。

「ソニー」と「坊や」。

似つかわしくないイメージですが、そんな時代もあったのですね。



そして、この鉛筆のカラーと、パッケージング。

裏には、「地球JIS朱藍」 と書かれています。

ちなみに、紺の方が朱藍の2色鉛筆。赤い方はただの黒鉛筆です。

なんだか理屈で説明できないよくわからない不思議な魅力があるのです。





ソニー坊やの歌というのもありました。
[PR]
by planettv | 2010-12-26 18:33 | design
a0148612_19161522.jpg


たねやのクリスマスケーキは、立体と平面を巧みに組み合わせて

グラフィックデザイン的にも秀逸でした。

味も美味しく、あまりケーキに興味のない私も気に入りました。
[PR]
by planettv | 2010-12-25 19:18 | graphic
a0148612_1981886.jpg


麻谷先生の発案で、鉛筆の芯でアルファベットを作ることになりました。

身近ななんでもない存在の鉛筆で人を感動させられるということを教えてくれます。

やる前は、みんな、「すごい!無理でしょ。」と思いますけど、

やってみたらみんな出来るのです。

そして、近くに出来る人がいると自分も出来るような気がしてきます。

そういうのが大切です。




いかに自分が、普段から常識という見えない壁で自分自身の可能性を狭めてしまっているか。

人間は、自分の思っている通りの存在だということを教えてくれるいい鉛筆です。




ちなみに、麻谷先生が参考にされたのはこちらのアーティストで、アメリカの大工さんだとか。

inhabitat.com
[PR]
by planettv | 2010-12-25 19:13 | product
宮崎椅子製作所の新作で良い椅子があるなと思いました。



a0148612_082243.jpg


上から、

JH503/PP503 by Hans J Wegner(ヨハネスハンセン/PPモブラー)

Hiroshima armchair by 深沢直人(マルニ木工)

hata chair by 吉永圭史(宮崎椅子製作所)




hata chairのそのラインはHiroshimaのアームチェアを彷彿とさせます。

しかし、HiroshimaのラインはウェグナーのPP503を彷彿とさせます。

PP503はザチェアとも呼ばれ、アメリカ大統領選挙戦のTV討論で、

ニクソン大統領と、当時候補者であった、J.F.ケネディーが討論した際に、

二人が使用したことで有名になった椅子です。

この椅子に座ることでカッコ良く見えたんですね。





この三種類の椅子は、いうなれば、

おじいちゃん、父、息子のようなもの。




デザインは受け継がれ生き続けます。
[PR]
by planettv | 2010-12-23 00:29 | design
a0148612_23364948.jpg


10年くらい前に書いた絵が出てきました。

テッチャンな私は、電車のデザインなんかやってみたいものであります。
[PR]
by planettv | 2010-12-22 23:37 | design
a0148612_1003914.jpg


ハンガーのデザインという課題をしています。

学生の付き添いで近所のレーザー屋さんへ。



やってみないと見積りも出せないようなので、とりあえずやってもらうことに。

しかし、この機械では出力が弱く、5.5mmのベニヤを切るのに30~40分かかってしまいました。

1枚2000円。そのくらいしちゃいますよね。。。

ということで結局はお願いしないことになりましたけど、その1枚は無料でやってくれました。

丸菱刺繍さん。本当に申し訳ないです。

小ロットでこんなのを受けてくれる企業も少ないので、エビスビールとかからも依頼が来るそうです。

こういった地場の技術を学生に教えて活用してもらうのも大事なことだと思います。
[PR]
by planettv | 2010-12-20 10:15 | design
a0148612_18255464.jpg


先週末、名古屋で開催されたクリエイターズマーケットなるものに行ってきました。

デザイン系イベントにはよく行きますが、芸術、クラフト、キャラクターという何でもありなイベントは初めてでした。東京のデザフェスはこれの8倍らしいです。



人間の創造力は素晴らしいなと思いました。

それが、売れるとか売れないとか、良いとか良くないとかそんなものは抜きにして、

素晴らしい。

人間が人間であるために新しいものを作らなければいけないのではないか。

そんな風に人間の宿命的な尊厳を感じてしまいました。


やはり、そうやって、創られたものを見て、何か感じるわけですから。

人は絵を描くのですね。

a0148612_18262099.jpg


日本人は絵を見てもその社会的価値を気にして買うそうです。

それが有名な作者だと知ってから買うわけです。

しかし、欧米では、自分が感動したから買う。

作者が誰であれ、それでオッケーなのです。



そんな気持ちで、

「くるくる不思議ちゃん」と「ペンギン爆弾」を購入(笑)



a0148612_1826986.jpg


それと、お気に入りの食器の作者の矢嶋洋一さんのブースに出くわしました。

あんな中には似つかわしくないシンプルさでした。

色違いの白いのを購入。
[PR]
by planettv | 2010-12-16 18:46 | life