<   2010年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

RRR

a0148612_19541665.jpg


イラレでこのRを完璧にトレースできるかやってみましょう。

という課題。

わかる人には当たり前ですが、一番右が難易度高いです。

やりたい人はやってみてください。解像度あります。





私は、学生のとき、パソコンを買ったのが4年のはじめ。

愛すべき、power book G3(pismo)でした。

イラレが嫌いで、というかアンカーポイントを理解できないで、

卒制は全てフォトショでレイアウトから出力をしました。

何もわかってなくて、全部72dpiでやってました。恥ずかしい。

プリンタもA3を持ってなくて、A4で96枚を張り合わせて大きなパネルをつくりました。

今の恵まれた学生は考えないだろうな。そんなこと。

でも、誰も教えてくれなくていろいろ苦労したから良かったとも。

全部A4で管理するから出来ることを考えたら新鮮になったり。

ブレイクスルーはそんな不便さに隠されていたりするのです。




だから、私も、大学の設備の悪さに関しては、

良くなったら良いな〜。専門の技官がいたら最高だな〜。

と、そら!思いますけど、



そうも思わないで納得していたりするのですね。
[PR]
by planettv | 2010-11-30 20:12 | graphic
翌日、土曜日はヴォーリズ建築を見たいと言われる秋田さんをご案内。

a0148612_21493598.jpg


朝は土砂降りだったのに、秋田さんとテル君の晴れ男最強コンビのおかげで、八幡堀につくなり快晴となりました!

CLUB HARIEのバームクーヘンは大人気。

a0148612_21492125.jpg


近江八幡市内のヴォーリズ建築をふらふら訪ね歩き。

a0148612_2149836.jpg


秋田さんは「飛び出し坊や」を気に入られたようです。

滋賀発祥の飛び出し坊や。東京では飛び出しが危ないのが当たり前すぎてないようです。

a0148612_21591878.jpg


近江名物「ちゃんぽん亭」を食べてから、彦根のヴォーリズ建築カフェであるYetiさんで柳宗理のカップで美味しいコーヒーを飲みながら昨日の講演会の続きとなりました。こんなところで!贅沢なコーヒーブレイク。

a0148612_21485672.jpg


帰りも秋田さんの帰りにちょうど合わせて、東京直帰の「ひかり号」が米原まで来てくれたみたいで、

さすがです。イェイ〜!




と、秋田さんと会ってからちょっと変なテンションとダジャレに侵されつつあります。(笑)

いやぁ、ほんと頭の回転が早く、明るい元気な方だなと感心空間です。

ありがとうございました。また来てチョンマゲです。(笑)
[PR]
by planettv | 2010-11-28 22:17 | life
a0148612_1647714.jpg


プロダクトデザイナー秋田道夫先生に滋賀県立大学に来校いただき、Sketch Workshopを開催しました。

a0148612_16464780.jpg


17人しかとっていない授業だったのですが、3倍以上の学生に席が足りませんでした。

他大学からも、はるばる学生が押し寄せる大人気。

a0148612_16465578.jpg


Tシャツ一枚で身体運動としてのスケッチを実演!

前日にブログに載せた車を目の前で、何も見ず描いて頂きました。感激!

レッドブル X1 prototype

秋田さんもこういう車を考えていたそうです。

秋田さんが車メーカーに就職していたら車の歴史が変わっていました。

a0148612_1647166.jpg


自分の作品を通して語られる人生論は学生の胸に突き刺さったようです。

質問しても、人生論で切り返される。

「デザインは生き方」そんな言葉が浮かんでくるようでした。




最後のサイン会は、途中から「自分の描いてほしい物を描いてもらう会」に変貌し、

なんでも好き放題な学生に怖さを覚えました。(汗)

「プレゼンではなくプレゼント」と語られる秋田さんは、

そんな学生みんなに素晴らしいプレゼントをくれていました。

a0148612_16472463.jpg


素敵すぎます。



秋田さん自身最高の出来と言われた講演会も無事終わり、

飲み会も最高に盛り上がってホント良かったです。

http://www.michioakita.jp/whiteboard/でも語られています。
[PR]
by planettv | 2010-11-28 17:06 | design

X1

最速の車としてあげられるF1もさまざまなレギュレーションによって規制があります。

それらが無いとして考えられた車はこうなるそうです。

X1プロトタイプ

a0148612_19243771.jpg


現在レッドブルレーシングでチーフ・テクニカル・オフィサーをつとめる空力の鬼才エイドリアン・ニューウェイがデザインしたのです。

a0148612_19242372.jpg


このエイドリアン・ニューウェイがどのチームに行くかで、チームが勝つかどうかが決まってしまうような、空力のデザイナーというのがF1の世界にはいるのです。

ですから、その彼がデザインしたこの車はとてもリアリティのあるコンセプトデザインとなっています。


ファンカーと呼ばれる機構は、現在禁止されており、車体後方のファンにより底面の空気を排気することで強力なダウンフォースを得るものです。タイヤは隠すほうが空気の流れを乱さず有利なのですね。

理由が見える形は美しいです。

詳しくはこちら



これは、今日発売のGT5というゲームの中に登場する車らしいのですが。

a0148612_1935161.jpg


滑り台を滑り落ちるミニカーのCMもなかなか。






車で言えば、NYの未来を走る「タクシー」デザインコンペの最終候補が発表されてました。
a0148612_19481357.jpg


「カルサンUSA」(左)「北米日産」(右上)「フォードモーター」(右下)が提案するタクシーのデザイン。

1万3,237台のタクシーが走るニューヨーク市では現在、ハイブリット車3,983台、天然ガス自動車5台、クリーンディーゼル車17台が運行。同プロジェクトでは、安全性の向上、低燃費、耐久性、快適性などの面で優れたタクシーを求める。

ニューヨーク経済新聞より

どれも、どうかなぁ?と思うデザイン。
日産なんてセレナみたい。

http://www.taxioftomorrow.com/
[PR]
by planettv | 2010-11-25 19:39 | product
a0148612_14565517.jpg


奈良の談山神社にて。
[PR]
by planettv | 2010-11-23 17:05 | life
a0148612_19393346.jpg

[PR]
by planettv | 2010-11-19 19:39 | product
興石の「座る贅沢」に行ってきました。

いつもは予約しないと入れないショールームです。

いつもの展示と違い、今回はビンテージの家具を中心に展示してあり、多くの椅子に座ることができました。

a0148612_16251339.jpg

a0148612_18511780.jpg

いつかは欲しいハンス・J・ウェグナーのザ・チェア。

a0148612_162695.jpg

いつ見ても、息を飲むフィンユールの三面図。

a0148612_1625281.jpg

a0148612_16245220.jpg

フィンユールの椅子。320万円。



a0148612_16244271.jpg


帰りに通りがかった家具屋さんfinger marks北大路店。

ここで、1年以上前から、友人の紹介で会わせますと言われていて、お互い都合がつかず、

ずっと会えてなかった社長さんと偶然にも出会えました。

そして今、私の学生もこのfinger marksで家具リペアの教室に通っているのです。

finger marksさんは、家具修理をメインにされている会社です。

a0148612_17412821.jpg


社長さんはとてもビジネス感覚に優れておられるなと思いました。

うちの学生にも、家具修理という仕事を通して、何を伝えたいか、

どういう風にやったら食べて行けるとか、具体的で夢のある話をしてくださいました。

家具業界はいま、非常に厳しい状況です。

でも、家具がない空間はなく、家具が要らなくなることはない。

現代の人は、いつも家具と共に生きていて、いつも触れる家具によって幸せな気分で毎日が過ごせます。

そんな家具修理に携わる仕事は、全国どこにいても必要だということです。




11月30日までfinger marksさんでSALE中です。
[PR]
by planettv | 2010-11-19 18:56 | product
鮒寿司は滋賀県の郷土料理で、子持ちの鮒をお米でつけ込んだ発酵食品です。

a0148612_1729054.jpg


今回、南研究室で担当した新しいパッケージの「ふなずし」が商品化されました。

デザインは3年生の肥川修士さん。



その独特の風味は和製チーズとも呼ばれ、好き嫌いが分かれる食品ですが、

クライアントである「あゆの店きむら」さんの鮒寿司は、

琵琶湖産の天然ニゴロブナにこだわって作られておりまして、

匂いも少なく食べやすいと評判の鮒寿司を作られています。

私の娘も好きなんですよね〜。

a0148612_17325498.jpg

a0148612_18113444.jpg


このパッケージの紙には切れ目が入っており、

内側に鮒寿司を挿入することによって切れ目が伸びて広がります。

持ち手の部分を折り曲げて、裏でシール留めすると完成します。

a0148612_17373313.jpg


その模様は魚網のようであり、鱗のようであり、鮒寿司を隙間なく桶に並べた姿にも重なります。

上部の持ち手となる穴も、魚の尾ひれをイメージさせる形となっています。

真空パックの中身を見せながらも、品のある端正なデザインとしてまとめています。

ロゴやハンコにもこだわり、10倍ほどもあるサイズで実際に判を作りデータに落としています。

「琵琶湖産ニゴロブナ」の判。


a0148612_18103960.jpg


中のしおりの絵も肥川さんのイラストです。

なかなかハードルの高い案を選ばれたのですが、無事こうして完成しました。





東京では、日本橋三越、銀座三越で販売しており、順次販路拡大予定です。

価格は時価ですが、およそ¥1,050〜¥1,470(税込み)ほどです。

琵琶湖と鮒寿司のWEB情報マガジン
ふなずし.com


早速、spoon & tamagoに掲載して頂きました。







あ、学生が最優秀賞を取ったという吉報が今!
[PR]
by planettv | 2010-11-17 18:24 | graphic
今日は、コンピュータの授業でスプーンのモデリング。

でも、道具演習2で毎年やってる課題「スプーン」は今年はやらないみたいです。

a0148612_1936312.jpg


集めているわけではないのに、身の回りにはスプーンがたくさんありました。

「道具」という響きにスプーンはよく合います。
[PR]
by planettv | 2010-11-16 19:52 | product
a0148612_1731122.jpg


私の最近の手帖はこれです。

KOKUYO Campus Diary slim B5

B5でなくスリムな所が良いですね。

近くの文房具屋さんに発注したら在庫がないとのこと。。。

で楽天で買いました。

a0148612_1751936.jpg


手帖としてはかなり大きい部類だと思いますけど。

見開きで一ヶ月が全て見れて、そんなに小さくない字で書き込みも可能で、

私にはちょうどいいサイズなのです。

結構、スカスカのスケジュールなんですけど。
[PR]
by planettv | 2010-11-15 17:11 | design