カテゴリ:sustainable( 19 )

群馬県前橋市のナカダイさんに工場見学に行って来ました。

プロモデラーで多摩美でも教えておられる春日亀先生のお誘いで。

a0148612_13554037.jpg


ゴミが行政などから集められて、選別、加工処理される中間処理施設という場所です。

中間処理施設は全国に五万箇所、各都道府県に100くらいあるそうですが、私たちにはあまり馴染みがない場所です。

a0148612_13585187.jpg


積み上げられている金属パイプとプラスチックでできたケースがカッコいいと思いましたが、

これ自身もゴミで、一ヶ月に60個が集まるのだとか。

この容器は洗剤を入れておくための容器だそうで、もっと簡易にしたら良いのですが、簡易なビニールのようなものにすると、内容物が漏れるような事故が起きたときのリスクが高すぎるためできないそうです。

高濃度の洗剤は、一滴だけでも扱いが大変だとのこと。

この容器についた匂いで、周囲には良い香りが広がってました。

a0148612_13582848.jpg


このドラムのようなものは全て商品のビニール包装の塊。

廃盤になったり印刷の色が悪いなどするとこんな巨大なゴミになります。

a0148612_1402219.jpg


これはベッドのスプリングコイル。

スプリングのベッドがベッドの中で最高ということになっていますが、ゴミになると、機械でも容易に圧縮できない手強いバネとなるそうです。

a0148612_147531.jpg


スキー板は、側面に金属が使われており、取り外すのが大変困難だそうで、処理にたいへん困るそうです。

a0148612_13595026.jpg


キレイな木のパーツですが、廃盤になったのでしょうか?大量に置かれていました。

a0148612_13592160.jpg


これ、なんとエアバッグ。

普段はお目にかかれないものですが、丈夫な布で出来ていて、素材として魅力があります。

縫い糸もカラフルで理由がありそうです。でも、こんなに山ほど。

a0148612_1358174.jpg


使えそうな家具もたくさん。

引き上げるのは会社の引っ越しなどの時で、100脚単位とかになるそうです。

a0148612_14224951.jpg


医療で使われるこのようなものは一度で役目を終えて、ここに来ます。

命を支えるってこういうことなんですね。

a0148612_14121768.jpg


これは、タバコの自販機のラベル。

こんなものがゴミになるなんて考えもしませんでした。

a0148612_14133536.jpg


これは、携帯電話のバイブ用のマグネット。

本当になんでもあります。

a0148612_14142823.jpg


もったいないと思われた方も多いと思いますが、ナカダイさんは、これらを素材として扱い、

消費者にダイレクトに販売していける仕組みを構築中です。

a0148612_14141110.jpg


倉庫の二階の棚には整然と分類された素材が並び、見やすいように工夫されています。

今までの、中間処理施設ではここほど細かい分別はしておらず、くしゃっとしてリサイクルか埋め立てをしているそうです。

ナカダイさんはこれらの宝物をもっと有効に活かすべく、デザイナーと組んで商品にしたり、

東京デザイナーズウィークに出展したり、新しい廃品の流通を生みだそうとしています。

とても重要なことだと思いましたし、こういう目に見えない部分に、今の暮らしが支えられている現実に驚きました。

a0148612_14203922.jpg


モノを買う時は、一生使うつもりで買わないといけませんね。
[PR]
by planettv | 2011-07-18 14:24 | sustainable
a0148612_14443.jpg


今日、クライアントの元へリペア家具が戻っていきました。

クライアントは信楽の窯元さん。

その before after の様子。

よくこんなぼろぼろになるまで使っていたなと思います。

その一方で、きれいになって嬉しそうな椅子。

四本キャスター脚の片方肘の椅子ってすごく珍しいですよね。

ものに命を蘇らせる、家具修理っていい仕事だなと思います。



修理:やまさき さおり(フィンガーマークスで修行してきた)
[PR]
by planettv | 2011-03-22 14:04 | sustainable
まだ新しいのですが、家にあるバスタオルが嫌で嫌で。

全然、水を吸わないのです。

風呂上がりって気持ちよくいたいのに、なんか嫌な気分になる。

このせいで疲れが取れない気がする。

そんなバスタオルなのです。




a0148612_22483031.jpg


それで、いつかいいバスタオルを買いたいと思っていたら、

gallery yamahonで良さそうなのを見つけたのです。

この山奥のギャラリーはいいものをたくさん置いているので遠いですが、好きなのです。

最初は、これがバスタオル?って目を疑うコンパクトさにどうなの?って思いました。

でも、ガーゼで出来ていて赤ちゃんの包みにも最適って書いてあったので、それに惹かれて買いました。

色も、濃紺、濃い茶、茶、薄茶 とどれもいい色で迷いましたが、

結局、家に合いそうな薄茶に決定。



すごく水を吸ってくれて、すぐに乾いて、とても気持ちいいものです。

なんで、世の中のバスタオルはこれでないのだろうか?と思いました。
[PR]
by planettv | 2011-02-13 22:58 | sustainable
今日は、午後から学生に同行して能登川の家具屋さんへ。

家具屋さんと言っても、看板も何もない倉庫で前を通っても絶対にわからないです。

競りなどで家具を仕入れて修理して、売るというような事業をされているそうです。

その学生はよく前を通って飛び込んで見つけたなと感心。

a0148612_17423339.jpg


倉庫の中には、家具やら家電やら、バイクやら車が。全部アンティーク。

田舎のこんなところでこんな事をされている人がいるんですね。

そして、滋賀でもそんな競りがあることに驚きました。

a0148612_17425617.jpg


私が前に買った芝浦の扇風機は良く出ているからそんなに高くないとのこと。

a0148612_17424535.jpg


この川崎の扇風機は非常にレアアイテムだそうです。

a0148612_1743749.jpg


このイギリス製のランプもかなり貴重なものらしいです。

すごく親切な方で、写真撮影用にアンティーク小物をたくさん貸して頂きました。
[PR]
by planettv | 2011-01-22 17:49 | sustainable
a0148612_18244432.jpg


今日は信楽の陶芸の森で梅原 真さん、桐本泰一さんの対談がありました。コーディーネーターは印南比呂志教授。




高知のデザイナー梅原真さんは講演の依頼が絶えないのですが、そのほとんどを断られるそうです。

私のブログでも実は、検索ワードで一位は梅原さんなのです。ここ最近のその注目度はとても高いものがあります。



対する桐本さんは「歩く漆」と言われるほど、輪島の漆の可能性を探り、先鋭的なさまざまな試みをされています。

桐本さんも様々なメディアに取り上げられ、輪島の漆をより身近にした立役者と言えます。




信楽という場所を舞台にした、お二人の息の合った対談。

地方で活躍されるお二人の信楽に対する考えを信楽在住の方に向けての講演会でありました。

信楽に長くいるとあまりに当たり前で気づかないようなこと。そんなことに疑問を持つことの大切さでしょうか。

二時間に及ぶ対談から私が最も印象に残った一言。



「昔は自分だけの美にお金をかけられた日本。品性と内なる豊かさがあった。

 今は、ヴィトンの鞄を持ちながら、ご飯を食べる器には高いと言う。

 外見ばかり格好をつける変なメンタルになってしまった。」




陶器や、漆は生活にまず必ずしも必要なものではありませんが、

そういうものに触れることによって、得られるものがあります。

「自分だけの美。」という言葉にハッとしました。
[PR]
by planettv | 2010-11-15 02:49 | sustainable
ここ数日、毎日のようにMcDonald'sに行って、ホットコーヒーSを買って帰ります。

1日2回くらいは。

他に喫茶店もないので。

地元のマックは100円でおかわり自由ですが、ここのマックは120円でおかわりできないですね。

なんででしょう?



そして、この猛暑なので誰も買わないのでしょう。

いつも作るために待たされます。

a0148612_22242858.jpg


そして、何回も行ってるし、いつも同じ店員さんなのに、

いつもミルクと砂糖をおつけしますか?と聞かれます。

そんなにマニュアル通りしない方がお客さんのためなのに。

そして、私は、いつもミルクだけもらいます。

そして、いつも「3秒で捨てられる君」つまり、マドラーをもらってしまいます。

ミルクを入れて、3秒混ぜるためだけに生まれてきたマドラー。

カップを工夫するなどして、紙のみでマドラー不要で混ぜれる機構を考えるとか、

デザインの力でなんとかならないのかと考えますが、

答えは一向に出ません。。。



捨てないで、1つを使い続けたらいいのですが。。。

なければ無いで、人間はなんとか考えるとも思うのですが。

使い捨てのマドラーをなんとかできたら、それはブレイクスルーに違いありません。
[PR]
by planettv | 2010-09-06 22:36 | sustainable
a0148612_2355482.jpg


この絵を見て私は、

「ゴミはあっちだぎゃ」

と喋っているように聞こえました。

なんで「だぎゃ」なのかわかりませんが、

なんか「だぎゃ」に聞こえるんですね。

口も描いてないのに。




描かない方が、饒舌なことだってあるのです。
[PR]
by planettv | 2010-09-02 23:57 | sustainable
a0148612_2353318.jpg


帰ってから夜中に玄関でスツールをソープ仕上げにしました。

320番のサンドペーパーを掛けて、

WENNEX A液をスポンジ等で塗ります。

二時間放置。

できずに、40分後。(暑いから)

WENNEX B液を塗ります。

二時間後。

zzz

翌朝。

600番のサンドペーパーを掛けます。

B液が白さになるようです。

なかなかの色白美人になりました。

他の椅子もそろそろやらないといけないくらいお化粧が落ちてます。
[PR]
by planettv | 2010-08-22 23:09 | sustainable
a0148612_19163760.jpg


RicohのGX100が修理から帰ってきました。

日付が戻るのでいちいち設定しないといけないというチップの問題。

修理見積もりは19,000円。高いなぁ。

たぶん、この価格帯の新しいカメラ買う方が性能良いなと思いながら。。。

カメラばかり買っても仕方ないので修理にしました。








↓応援クリックお願いします。
にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

denden
denden 売ってます。

[PR]
by planettv | 2010-07-12 19:20 | sustainable
今日、学生に教わりました。

Open Office.orgというソフトがある事を!

a0148612_22395180.jpg


私はMacユーザーなので、近年、iWorkを使っていましたので、

Microsoft Officeの使い勝手の悪さにはもう戻れませんし、

iWorkは素晴らしいソフトなので何の不満もありませんが。



困るのは学生なんですよね。

論文書いたり、パワポ作ったり、ソフトがいるわけですが、

iWorkを勧めても不安げだし、Microsoft Officeを買うにも高いし。いろいろ使いにくいし。



Open OfficeというソフトはほとんどMicrosoft Officeと変わらないですが、無料なのです。

Word,Exel,PowerPoint,図形描画ソフトが入っていますし、

それらのMicrosoft Officeのソフトと高い互換性があるようです。

WindowsやMac, Linuxもあるようです。



早速、ダウンロードして使ってみました。

Microsoft Officeよりずっと使いやすいんじゃないですか?

しかも、iWorkにはない10.5ptがある!

Macユーザーはみんな10.5ptというなぜか中途半端な、文字サイズに悩まされてきたはずです。



公官庁や大企業でも導入が相次いでいるようです。

県レベルでははじめて、山形県庁が評価検討を開始し、将来の採用を目指しているそうです。





a0148612_234318.jpg


最近、Cinema 4Dも学生は無償化になるわ、こんな良いソフトも手に入るわ。

8万ちょっとでMac Bookも買えるわで、今の学生にはかなり追い風が吹いてますね。





↓応援クリックお願いします。
にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

denden
denden 売ってます。

[PR]
by planettv | 2010-07-07 23:01 | sustainable