カテゴリ:life( 154 )

a0148612_21401712.jpg


7月26日(木)に、秋田道夫先生と対談をさせて頂く運びとなりました。
[PR]
by planettv | 2012-07-13 21:40 | life
人に接するときは春のような温かい心で

仕事をするときは夏のような燃える心で

モノを考えるときは秋のような澄んだ心で

自分に向かうときは冬のような厳しい心で


-鮫島輝明, 『心の四季』


via spoon & tamago
[PR]
by planettv | 2012-06-22 00:20 | life
a0148612_22254377.jpg


学生と話していて、ほとんどの学生が木工用ボンドを信用していない事に気がつきます。

信用していないというのは、これでちゃんとくっ付くと思っていないということです。

「木をくっつけるのに、他の強力なものを買って来たらいいですか?」という具合です。

「え、プロの家具屋さんもみんなこれ使ってるんだよ。」

と言うと、信じられないという顔。

もちろん、もっとカリッと堅く固まるものを使ったり、

もっと専門的な木工用ボンドもたくさんあるのですが。





つまりは、木工用ボンドはあまりにポピュラーだからそう思うのでしょうか?

特に匂いもないし、子供の頃から使うし、安全性は高いし、だから効かなそうなイメージなのでしょうか?

しかし、一番の理由は、ちゃんとくっ付いた経験のなさかもしれません。

木工用ボンドは弱いという体験からきているのかもしれません。

たいていの学生はボンドを塗った後、万力などで部材を圧着させません。

圧着しないと木工用ボンドは強固につかない。ということを知らないでみんな使っているようです。

確かに、裏の説明を読んでも、「すぐにはり合わせる」としか書いていません。

これでは、説明不足なのかもしれません。



そういう私も、圧着することは家具職人に教わるまで知らなかったかも。
[PR]
by planettv | 2012-06-21 22:39 | life
小学校図工科「子どもの美術」



このほんをよむひとへ

ずがこうさくの じかんは、

じょうずに えを かいたり

じょうずに ものを つくったり する

ことが、めあてでは ありません。

きみの めで みた ことや、

きみの あたまで かんがえた ことを、

きみの てで

かいたり つくったり しなさい。

こころを こめて

つくっていく あいだに

しぜんが どんなに すばらしいか、

どんな ひとに なるのが

たいせつか、

と いう ことが

わかって くるでしょう。

これが めあてです。


「子どもの美術1」佐藤忠良






今日は、佐川美術館の佐藤忠良展に行ってきました。

大学生にも、大人にも読んでほしい。
[PR]
by planettv | 2012-06-17 23:50 | life
a0148612_155713.jpg


アクリル絵の具を使った色彩構成の課題を毎年だしたりしているのですが、

今年は有害性の問題で黒い絵の具を使わない方が良いということになりまして、

黒い絵の具は大学では使わないで課題をやってくださいという事にしました。



そうすると、どうでしょう。

色が良くなったのです。



黒っぽい色を生みだすには色々な色を混ぜないといけません。

カラスは最初は白だったが、欲張って色んな色を塗ってもらったから黒い色をしている。

なんて絵本で読んだ記憶があります。

しかし、カラスの羽を手に取ってみると、光の当たり方でいろんな色が浮かびます。

だから、あながち嘘でもないようです。



それはさておき、

そこに、黒があると、考えずに使ってしまう。

自分で何か新しい色を生みだそうなんて考えないのです。



昔は、スチレンボードなんてものもなかった頃は、ガラス板に石膏を流して、

石膏で薄い板を作ってからそれを切って建築模型を作っていたと恩師から聞きました。

それはきっと、スチレンボードで作られた模型とは発する力が全然違ったことでしょう。

時間にしたら10倍は模型に時間がかかったかもしれません。

しかし、便利になったゆえ、失ったものも大きいのです。



つまりは、エネルギーは保存されるということです。

エネルギーを使って作ったら、それは作品にきちんと表現されるということです。

エネルギーを込めましょう。
[PR]
by planettv | 2012-06-11 20:40 | life
a0148612_1529470.jpg


GOETHE 五月号より抜粋


不意に頂いたGOETHEの五月号は安藤忠雄特集で、表紙にサインが入っていました。

この前、ブログ上でリンクを書いた「私が出会った驚くべきリーダーたちの決断の瞬間」もまるまる書かれていて、とても素晴らしい特集でした。

安藤さん好きだなぁ。

目先の利益ばかり考えず、遠い未来を見据えて行動する!
[PR]
by planettv | 2012-06-11 01:44 | life
a0148612_1627501.jpg


クラフトの話が続きます。

今日は、季の雲ギャラリーの三谷龍二展に行ってきました。

昨日は会期初日。

朝のオープン前から長蛇の列が出来て、午前中に大半のお盆が売り切れてしまったそうです。

売り切れた商品も会期が終わるまで置いてもらうそうですから、じっくり堪能できました。

誰もこういう世界でやっていない30年前からこの世界を提示し続けてきた三谷さんです。

2000年が潮目で受け入れられるようになってきたと語っておられました。

暮らしについて人々は考えはじめたのです。



6/10まであと一週間やってますから是非。
[PR]
by planettv | 2012-06-03 16:34 | life
a0148612_10454185.jpg

a0148612_10463492.jpg

a0148612_10464995.jpg

a0148612_10464241.jpg

a0148612_10465167.jpg

a0148612_1047225.jpg

a0148612_10473597.jpg

a0148612_10474730.jpg

a0148612_1048226.jpg

a0148612_10481545.jpg

a0148612_10482710.jpg

a0148612_1048296.jpg

a0148612_10485936.jpg

a0148612_10492162.jpg

a0148612_10493542.jpg

a0148612_10493732.jpg

a0148612_10495255.jpg

a0148612_10502685.jpg

a0148612_10503883.jpg

a0148612_10505831.jpg

a0148612_10511043.jpg

a0148612_10512350.jpg

a0148612_10511831.jpg

a0148612_10515047.jpg

a0148612_1052436.jpg

a0148612_10522069.jpg

a0148612_10534852.jpg

a0148612_10535990.jpg

a0148612_10544644.jpg

a0148612_1055051.jpg

a0148612_10545936.jpg

a0148612_10553633.jpg

a0148612_10553161.jpg

a0148612_10555964.jpg

a0148612_10561477.jpg

a0148612_1056283.jpg

a0148612_10564775.jpg

a0148612_10564161.jpg

a0148612_10571458.jpg

a0148612_1057995.jpg

a0148612_10574489.jpg

a0148612_10574196.jpg

a0148612_10581855.jpg

a0148612_10583025.jpg

a0148612_10582459.jpg

a0148612_10585469.jpg

a0148612_105977.jpg

a0148612_10592189.jpg

a0148612_10593572.jpg

a0148612_10595080.jpg

a0148612_110870.jpg

a0148612_110207.jpg

a0148612_1103779.jpg

a0148612_1104912.jpg

a0148612_111329.jpg

a0148612_1111895.jpg

a0148612_1112831.jpg

a0148612_1114162.jpg

a0148612_1115257.jpg

a0148612_11149100.jpg

a0148612_1122584.jpg

a0148612_1124080.jpg

[PR]
by planettv | 2012-06-01 14:50 | life
今日は、270人という最大規模の授業というのに初めて登壇しました。

デザインと関係ない学科の人ばかりが受ける授業です。

これは、人間関係学科の細馬先生が今年から考えた授業で、毎回違う分野の先生同士で対談するという授業。

その細馬先生と対談するのが私。

私にとっては、なんとも光栄でした。

細馬先生は魔法使いですから。

「レスポンスペーパーをデザインして」と細馬先生に頼まれた私は、途中で外注で作ることを思いつき、

こんなレスポンスペーパーを作りました。



a0148612_21394087.jpg


教育現場と言えばわら半紙。ということでわら半紙に一色で印刷したものです。

細馬先生の趣味や、話に出てくるモチーフを織りまぜたものです。

「今の質問を『かえる』に書いて」とかいうとわかりやすいという細馬先生のアイデア。

印刷費は一人分で10円かかってます。(私のお小遣いで。。。)

でも、その効果は十分にあったと思います。

紙1つ、印刷1つ、デザイン1つで、こんなに心境が変わるということを伝えたかった。



デザインというのは、多くの人には誤解されています。

センスであったり、デコレーションであったり、表面だけ。そんな風に思われています。

デザインは使用者のことを考えて、使いやすさや問題解決を提供すること。

そして、美しく楽しく暮らしを変えていく事。

デザインや芸術は、人の心を変える力がある。

それを実際にみんな感じてくれたようです。

デザインはいつも、みんなのそばにいます。






以下、感想より。

「こういうレスポンスペーパーだと字がかきたくなる!」

「きれいなレスポンスペーパーだったので、字をきれいに整えて書こうと思った。」

「この紙の肌触りがとても良く、書く気がおこり、幼稚園の感覚がよみがえった。」

「デザインが違うだけで人の心や行動が変わるということに驚いた。」

「デザインと人の行動が深く関わっているということがわかった。」

「デザイナーは社会関係や、人間関係を学ばなければいけないというのを聞いて、そうだと思った。」

「普段の生活を振り返ると、思っていた以上にデザインに促されて行動している。」

「1つ1つの動作を想定したデザインのすごさをみて感動した。」

[PR]
by planettv | 2012-05-29 22:16 | life
a0148612_20143178.jpg


デジタルカメラで撮影。なんとか撮れてました。




地球から太陽までの距離:地球から月までの距離 ≒ 400:1

太陽の大きさ:月の大きさ ≒ 400:1





だから、地球から見た太陽と月の見かけの大きさはほとんど同じ。

これは、偶然なのだそうです。
[PR]
by planettv | 2012-05-21 20:37 | life