カテゴリ:product( 136 )

a0148612_8395645.jpg


滋賀銀行大薮支店が4/23に移転オープンします。

設計は日建設計。

意味ありげなルーバーは西日よけです。

a0148612_8402160.jpg


それに際して、鋳造でお世話になった株式会社マツバヤシさんより銀行への寄贈品のデザインを依頼されました。

マツバヤシさんと滋賀銀行はとても長いおつきあいがあるそうです。

「琵琶湖の野鳥」と「ブルー」を多くデザインに取り入れている滋賀銀行ということで、

滋賀県の県鳥である「カイツブリ」をデザインモチーフに、ペーパーウェイトをデザインすることにしました。

彦根のバルブ産業と滋賀の県鳥のコラボレーションということです。

鋳造は同じものを複製できるというのが1つの特徴でありますから、群で見せるのにも向いています。

当初はもう少し大きなオブジェの予定だったのですが、書類の多い滋賀銀行様の意向で小さくなりました。

a0148612_8395352.jpg


支店長室の隅に、アクリル積層板の上に飾られたオブジェも置かせていただきました。

アクリル板の四枚重は琵琶湖の水面をイメージしたものですが、

これも、みんなで「ああではない、こうではない」とアクリルサンプルを重ねて色味を検証しました。

a0148612_840366.jpg


以前、湖北野鳥センターに行ってカイツブリの測量をしたのもこのためでした。

野鳥観察 http://minaminote.exblog.jp/14500230/


デザインは、ボディ全体を統合する1本のラインと立体造形によって、

カイツブリの特徴的な赤い模様と羽を表現しました。

面の中にエッジがあるのは現代の自動車に見られる造形で、そこにもインスピレーションを得ました。

親鳥と雛鳥でプロポーションを若干変えてあります。

a0148612_8392218.jpg


滋賀銀行大藪支店へお越しの際はカイツブリを手に取ってみて下さい。

たぶん、ロビーに置かれるはずです。

置いておくと、盗まれるくらいになれば良いな。

と思いますけど。

みんなに触られて、いい感じにエイジングしていくことでしょう。

a0148612_9225058.jpg


お問い合わせは、株式会社マツバヤシさんまで。
[PR]
by planettv | 2012-04-19 09:04 | product
a0148612_1033287.jpg


デザインするための道具として、私には愛用品があります。

ドローイングには、STAEDTLER 780 芯ホルダー

そして、その芯を研ぐには、STAEDTLER 502 芯研器 (Lead pointer tub)

a0148612_22462499.jpg


このSTAEDTLER 502のために金属鋳造で「ベース」を作りました。

a0148612_2245754.jpg


a0148612_2374837.png


プラスチック製のSTAEDTLER 502を中に納めると、どっしりと安定し、

ペン先のスムーズなストロークが得られます。

a0148612_22514395.jpg


あたかも、最初からそうなることが運命だったかのような「502」の凛とした佇まい。

銅の鎧がよく似合います。

a0148612_22522224.jpg


そして、使うほどに、銅は褐色にエイジングされ風合いを増していく事でしょう。

a0148612_225231100.jpg


a0148612_22532736.jpg


ステッドラーを一生の道具にして下さい。

製作には彦根の地場産業である、バルブの鋳造技術を使い、ビワライトという鉛を含まない青銅を用いています。

a0148612_14375271.jpg


鋳造の砂型です。

「砂」と聞いて思うイメージと異なり、とても堅い型です。

a0148612_14381664.jpg


溶解した金属を流し込みます。

写真では伝わりませんが、すごい迫力です。

a0148612_14375551.jpg

冷えた後に、砂から取り出したもの。

これを切断し、丁寧に1つ1つ磨いて、完成させます。

このように手間のかかった一品ずつ手作りの商品です。

a0148612_12332454.jpg


このようなパッケージでお届けします。

材  質:青銅キャスト(ブラスト仕上げ)
予定価格:2,480円(STAEDTLER 502は含みません)

鋳造制作:株式会社マツバヤシ

デザイン:Masahiro Minami Design



こちらで販売中です。

http://masahiro-minami.com/shop/502-base/
[PR]
by planettv | 2012-03-20 22:30 | product
a0148612_2043059.jpg


京都水族館(3月14日オープン)で売られるらしい魚のパン。水族パンと言うらしい。

メロンパンがカメですね。

なんで、海のない京都に水族館なのか?みんなが疑問に持ちそうです。

でも、子どもが魚好きなので行きたいです。

a0148612_2093532.jpg


ロゴデザインも上品で、なかなか良いです。

シンボルマークも人と水のつながりを表現しているのでしょう。

建物も水平の軒を強調したデザインでなかなか良さそうです。

http://www.kyoto-aquarium.com/
[PR]
by planettv | 2012-03-12 20:16 | product
a0148612_9522031.jpg


シロクマとグリズリーの木馬がhuzi designより商品化されました。

娘のために木馬を作ろうと思い、デザインしたのは3年前だったでしょうか。

北極で溶けた氷の上を歩く、グリズリーとシロクマの愛がテーマです。


a0148612_1347438.png


この木馬は、まだお会いしたこともなかった秋田道夫先生のinformationにも取り上げていただき。

Johnny Strategyさんにinhabitatsに取り上げて頂き。

そこからいくつもの海外のサイトで紹介されました。

私も今までデザインしたものの中では最も問合せが多かったものでした。

中には北極のことを研究されているカナダの学者さんが、娘に買いたいなんていうのには驚きました。

しかし、商品にはなかなかならずに、問合せにはお断りのメールばかり書いていました。

a0148612_23202688.jpg


そんな中、昨年、興味を持ってくれる海外のメーカーが現われたのです。

これから、新たに子供用品のブランドを立ち上げるということでした。

英語も全然できない私なのですが、とても丁寧で真摯な対応をして頂いて、

本当に何から何まで「わかっている」のでやり取りもスムーズで安心して任せることができました。

目指すブランドイメージもはっきりしており、とても素敵なウェブサイトが出来ています。

私が最高の材料で自己満足で作った試作とほぼ同じ仕上がりで製品化できたことは驚きであります。

まだ販売商品は「シロクマ」と「車」2つのようですが、世界中の様々なデザイナーと組んでプロジェクトが進んでいます。

http://www.huzidesign.com/


a0148612_23203989.jpg

a0148612_23204841.jpg

a0148612_23205351.jpg



オンラインショップのオープンは、来月からですが、プレオーダーを承り中で、

先着100名様には、名前の無料刻印と30%オフのサービスをやっています。


a0148612_2358436.gif



自分の子供のために作ったものが、こうして世界に出るというのは感動です。

そして、まだ楽しみは続きそうです。ahi !

a0148612_232165.jpg

a0148612_03966.gif



spoon & tamagoに掲載していただきました。

Masahiro Minami's Pizzly Bear now available from Huzi Design

リーフレットカタログはこちら

Press release is here.
[PR]
by planettv | 2012-03-06 15:41 | product
a0148612_910526.jpg

[PR]
by planettv | 2012-03-06 09:10 | product
a0148612_17161894.jpg

a0148612_17164740.jpg


THE FIRST K-MOUNT MIRRORLESS

Designed by Marc Newson
16 Megapixels stabilised sensor
3" LCD screen
Full HD video with dedicated button
Compatible with all PENTAX K-mount lenses




pentaxは不思議だなぁ。
[PR]
by planettv | 2012-02-05 17:20 | product
昨日は、プレゼンテーション技法という授業で、モデリングをやりました。

昨年まで毎年、多摩美でも教鞭を取っておられる春日亀美智雄先生にお越しいただいてモデル制作の実践的レクチャーをしていただいていました。

春日亀意匠 http://www.kasugame.com/




私の担当する他の演習でも活用するので、毎年の春日亀先生のこの講義をかなりあてにしていたのです。

しかし、今年はお忙しいという事でお越しいただけず、代わりに私がやることになりました。もちろん、先生には遠く及びませんが。

このために、東京からわざわざあれだけの機材を用意して来ていただけるなんて学生は幸せすぎです。
やってみて、春日亀先生の準備の大変さを思い知りました。




そして私は何を教えようかと、作りやすく、そして美しいもので何か題材はないかと探していました。

そこで思いつきました。

先日ワークショップでお越し頂いて、学生も印象に残っている秋田先生のソファ「INCLINE」です。

a0148612_11353752.jpg




これは、1/5のモデルなのですが、スタイロフォームをヒートカッターで削り出すのみで作っています。
(最後にアクリルガッシュで塗装をしてあります)

厚紙で型を作って、それを両面テープでスタイロに貼って、手持ちヒートカッターで削るのは、春日亀先生直伝の技です。

プロダクトデザイン独学の私は、初めて見た時はこんな事ができるんだととても驚きました。




そして、モデルを作っていると、デザイナーのいろいろな思考の跡が見えてきます。

身体に当たる所は柔らかく、そうでない所はシャープになっているんだな。とか。

荷重がかかる所は、少し太くなっていたり。そうでない所はシャープに見せるための工夫が見えたりします。

デザイナーの実際の作品をコピーして作るというのは、とても良い勉強になるということです。

a0148612_11365663.jpg


実際のINCLINEの写真 AIDEC INCLINEのPDFカタログはこちら
 
[PR]
by planettv | 2011-12-23 12:05 | product
同じ所に住んでいる、教授は休日になるとかっこいいヘルメットをかぶって、

自転車で颯爽と出かけて行く風景によく出会います。

その姿を見る度に、「自転車っていいな。」って思います。

教授は一年間のタバコと引き換えに自転車を買ったそうです。

値段がちょうど同じだったとか。

素晴らしいではないですか!

a0148612_23424788.jpg



琵琶湖を一周するにあたり私も自転車を買ったわけなんですが、

一時間くらい乗って身体を動かすと、何もしない時より身体がすっきりします。

やっぱり、身体を動かさないとストレスもたまるし、良くないんだなと実感します。



私は、面接の時に、自転車みたいなデザインがこれから大切だ。

というようなよくわからんことを言った気がします。



人間は、特徴的で突出した性能を持つ事よりも、広い汎用性を持ち、

道具を使う事で、身体機能をその都度拡張させるという進化を目指しました。

自転車は自分の脚を使って動かします。

あくまで、身体の延長としての道具なのです。

つまり、自転車はとても人間的な道具なのだと思います。

出る速度も、いくら頑張っても40kmが限界です。

つまり、そのくらいが人間のスケールの限界なのだと思います。

人間は、人間のスケールで生きないといけないように思います。

そうすれば、いろんな事が見えなくなることもないのです。

だから、自分の身体の能力に基本の軸はありながら、

それを効率よく拡張するような「デザイン」がこれから大事だと思うわけです。



だから、大学では屋根付駐輪場もなく、自転車通勤者がぞんざいに扱われているのは納得いかんね!
[PR]
by planettv | 2011-11-22 23:57 | product
今朝、みのもんたさんの「朝ズバッ!」に光る洗面器が取り上げられました。

リハーサルもあるようでしたので、窯元さんも出演するのかと思っていたら、商品だけでした。

a0148612_1924227.jpg


タイムリーなので、今日は授業で「光る洗面器の開発秘話」を話しました。

写真をまとめていて思いました。本当に大変やったなぁ。(まだ続くのですが。)

たぶん、私の話では、大変さの1/10も伝わっていないとは思いますが、

それでも、モノを作ることにこれだけの背景やプロセスがあるということに、

学生は驚いたという感想を少なからず頂きました。

みんな最終商品しか見ていないので、そこにたどり着くまでの遥かな道程を知る事はありません。

そういうのを知ると、値段もおのずと納得しやすくなり、モノへの愛着も変わってくるとは思います。




ちょっと開発秘話。

開発当初、窯元が取引のある、大手メーカーに図面を持っていった事がありました。

そうしたら、今は15cmも高さのあるものは絶対売れない。薄いデザインしか売れないと言われたのです。

それを聞いて、もう作りはじめていた窯元はとても意気消沈しました。

そして、私も、薄いデザインを書き直したりしたわけです。

でも、最終的には、光と造形もそのほうがきれいだし当初のデザインで行きましょう。となりました。

でも、その後、完成品を見たお客さんから「薄いものはないのですか?」なんて質問は、

一言もありませんし、洗面鉢の高さに関して疑問を持つ人は誰もいないのです。



今日、学生の一人は、スティーブジョブス氏の言葉を引き合いに出して、そのことをマーケティングの過信であると書いていました。

「実際にその製品を見るまで、欲しいかどうかは誰にもわからないものである。」と。

信じれる名言だな。と思います。

a0148612_1944352.jpg

[PR]
by planettv | 2011-11-16 23:59 | product
信楽の艸方窯で開発しております、光る手洗器。

ここに新たなラインナップが加わりました。

「KEISHOU 蛍照・丸」 と 「KEISHOU 蛍照・角」です。

デザインはプロダクトデザイナーの秋田道夫先生。

a0148612_18161753.jpg


私は、「SUIRIN 水輪」「RENCA 蓮花」という2種類を昨年デザインさせていただいたのですが、

その後、小さいタイプのものが欲しいと窯元さんの要望がありました。

私の「SUIRIN 水輪」「RENCA 蓮花」は彫刻的な立体感ある造形が特徴です。

次に展開する小型のものは、「シンプル指向なニーズに対応した方が良いのでは」と考えたのは自然な流れでした。




窯元さんからは、私にデザインを頼まれたわけですが、

これは、私がデザインするよりも、秋田先生にお願いしたほうが良いと思ったのです。

窯元の利益を考えるとその方が良いと確信したわけです。

かくして、期待通りのシンプルでスーパースタンダードなデザインをご提案頂きました。

「デザインは良き事であれ。」

これは秋田先生にかつて頂いた言葉です。

それ以来、デザインで良い事をしないと。と思っています。



秋田先生のブログでもご紹介を頂いてます。

http://www.michioakita.jp/whiteboard/




そして、このニューモデル含め、光る洗面器が、

11月16日 水曜日 TBSのテレビ番組「みのもんたの朝ズバッ!」

において、8時10分からの「みの味」のコーナーで生放送される予定です。

先月のTBSでの「COOL KYOTO 2011」の展示会と関係があるのか定かではありませんが、

同じTBSというのと、このタイミングに不思議な縁を感じます。




また、eo光チャンネル「生まれたるは関西」にて明日15日まで光る洗面器が放送されています。

http://eonet.jp/eohikari-ch/roots/



商品に対するお問い合わせは、艸方窯まで。
[PR]
by planettv | 2011-11-14 19:06 | product