住吉

a0148612_17411069.jpg


友人の設計した住宅を見学に住吉まで。

あべの橋の近鉄百貨店は姿を消していた。

日本一の超高層に生まれ変わる。やめて欲しい。。。

阿倍野はこれから景気が良くなりそう。

でも、引き換えに情緒ある下町風景が無くなって行く。



阪堺電気軌道なるものに天王寺から初めて乗った。

なんて素敵な電車なんだろう。

道路から線路に入り、線路から道路に。街を縫うように走る車窓の風景に見とれる。

鉄ちゃんにはたまらない。

住吉はこんな所があるんだと思うような下町。

しかもなんか、これが大阪だよなっていうような活気が感じられる町。



a0148612_17453316.jpg


a0148612_17454783.jpg


駅から徒歩0分の場所に建っている丸い窓の家。

彼らしいといえば、らしい。

a0148612_18172939.jpg


納まりなんかもすごくよくできている。

内部はカーテンを多用し、なんだか不思議な空間感覚。(画角が狭くて写真入らなかった。)

a0148612_17464476.jpg


でも、私は、この最寄駅に降りて、駅と直結した居酒屋(赤霧島!が置いてある)や、

そこに立ち並ぶ、小さなお店や、水掛地蔵みたいなのとか、

今では珍しくなってしまったような、下町のなんとも言えない味のある風景に完全に気を取られてしまったのである。

この小さく小さくくたびれた、人間味あふれるマイクロスケールの街。

住吉の長屋がこの近くにある?んだと思うと感慨深い。

こんな路面電車がガタンゴトンと家の前を走る所に住みたいなと思った。





この居酒屋の裏はたこ焼き屋になっていて10個200円。

電車が来る直前に買う。

2個オマケしてくれるのも下町。

しかも、めちゃうまいし!
[PR]
by PLANETTV | 2010-01-31 18:10 | architecture