人間文化論A

今日は、270人という最大規模の授業というのに初めて登壇しました。

デザインと関係ない学科の人ばかりが受ける授業です。

これは、人間関係学科の細馬先生が今年から考えた授業で、毎回違う分野の先生同士で対談するという授業。

その細馬先生と対談するのが私。

私にとっては、なんとも光栄でした。

細馬先生は魔法使いですから。

「レスポンスペーパーをデザインして」と細馬先生に頼まれた私は、途中で外注で作ることを思いつき、

こんなレスポンスペーパーを作りました。



a0148612_21394087.jpg


教育現場と言えばわら半紙。ということでわら半紙に一色で印刷したものです。

細馬先生の趣味や、話に出てくるモチーフを織りまぜたものです。

「今の質問を『かえる』に書いて」とかいうとわかりやすいという細馬先生のアイデア。

印刷費は一人分で10円かかってます。(私のお小遣いで。。。)

でも、その効果は十分にあったと思います。

紙1つ、印刷1つ、デザイン1つで、こんなに心境が変わるということを伝えたかった。



デザインというのは、多くの人には誤解されています。

センスであったり、デコレーションであったり、表面だけ。そんな風に思われています。

デザインは使用者のことを考えて、使いやすさや問題解決を提供すること。

そして、美しく楽しく暮らしを変えていく事。

デザインや芸術は、人の心を変える力がある。

それを実際にみんな感じてくれたようです。

デザインはいつも、みんなのそばにいます。






以下、感想より。

「こういうレスポンスペーパーだと字がかきたくなる!」

「きれいなレスポンスペーパーだったので、字をきれいに整えて書こうと思った。」

「この紙の肌触りがとても良く、書く気がおこり、幼稚園の感覚がよみがえった。」

「デザインが違うだけで人の心や行動が変わるということに驚いた。」

「デザインと人の行動が深く関わっているということがわかった。」

「デザイナーは社会関係や、人間関係を学ばなければいけないというのを聞いて、そうだと思った。」

「普段の生活を振り返ると、思っていた以上にデザインに促されて行動している。」

「1つ1つの動作を想定したデザインのすごさをみて感動した。」

[PR]
by planettv | 2012-05-29 22:16 | life