天才

君はまだ無名の天才です。

今のうちに量をためることです。

とにかく売れてないうちに、どれだけ量をためるかです。

ピカソは8万点の絵があるわけです。

8万点というと、猛烈な量です。

90歳以上生きましたから、10歳から描いたとして、80年間で8万点ということは、

1年で1000枚です。

1年で1000枚ということは、1日に3枚です。

80年間ずっとです。

時間のかかる油絵もあります。

彫像も作っています。

天才ですら、これだけの量をやっている。

量をこなせるのが天才なのです。

もっとも効率のいい勉強の仕方は、とにかく量をこなすことです。

どうしたら無駄のない勉強の仕方があるかと考えてしまうのですが、これが一番効率が悪いのです。

まず、量です。

量がどんどん積み重なって、ある時初めて質に転換するのです。

1つ1つのものは、非常にささいなものです。

ささいな値打ちのないものだけれども、こだわらないで続ける。

そうすると、オセロで白が黒に変わるようにパラパラパラパラと全部が変わっていく瞬間があります。

「大学時代しなければならない50のこと」中谷彰宏 より





ある時、量が質に転換するというのは本当のことです。

量をこなすのが天才というのも本当です。
[PR]
by planettv | 2012-04-13 23:41 | life