夢を描く仕事

昨日は、ある方に頼まれてコンピューターで1枚のスケッチを描きました。

そのクライアントさんには夢があって、

その「夢」をビジュアル化して欲しいという依頼。

まだ、実現するかしないかわからない話。

その「絵」を持っていろいろな関係各所に当たりたいという話。

敷地も何も決まっていないのに無償で描くの? と最初、思いました。

でも、負担にならない程度にやろうと思い。

私にとっては、本当に適当に作りました。




作ったイメージを送ると、クライアントさんはひどく感激されて嬉し涙を流されたそうです。

1人で祝杯をあげたとか。(笑)

以下、そんなクライアントさんの書かれた文章です。





本当に叶えたい目標・夢に向かって進む場合、

その熱い思いをビジュアル化する、って本当に重要です。

ビジュアルで認識を共有化できるメリットは勿論ですが、

可視化の最大のメリットは



絵を見た人が

「この計画、実現するかも」と認知(錯覚)し、

その認知の波動が計画を進行させる、

という不可思議な現象が起きる、ということなのです。



生き生きワクワク、楽しくハッピーに生きるために、

僕は色んな勉強をしてきました。



より多くの認知こそが、

夢を「自動的」に現実化させる、ということは

広く知られた「事実」です。



この計画は実現します。





1枚の絵によって、たくさんの人に大きな希望と意識を与えることができる。

デザイナーの仕事は、とても大きなものなのだと改めて思いました。



夢を具体的にして壁に貼りましょう。実現します。
[PR]
by planettv | 2012-04-10 21:39 | life