落水荘を目指して。その1

NYに行ったとき、自動車免許取って一年の私は、NYでレンタカーを借りて、

学生と2人で600kmも離れたピッツバーグの落水荘(falling water)を目指すという冒険に出たのです。

ちなみに、東京ー大阪間が500kmです。

a0148612_22593778.jpg


相棒は、FORD FUSION ナカナカ良いマシンでした。あれを除けば。

a0148612_22591697.jpg


アメリカはとにかくデカイ。と思いました。高速道路の道幅の余裕さが違います。

道路の端には、タイヤがたくさん転がってある。

広すぎて、片付ける人がいないんだな。

a0148612_22592612.jpg


だって、こんな「over size road」の家が平気で走れるんですもの。

a0148612_22594724.jpg


日本語表示も出来るカーナビが命綱。

こいつがないとNYの脱出も難しかったでしょう。

後で知りましたが、日本でも売ってる割と安いGARMINていうカーナビでしたが、

これが、余計な情報一切表示しないでわかりやすいのなんの。

日本のメーカーはいろんな機能ばっかりつけて何やってんだろうと思いました。

しかも、時間がすごくシビア。

私のは余裕みて計算して近づくと一気に予定時刻が縮まるけれど、そんなの無し。

必死で走らな、予定通り走れない。

a0148612_23295464.jpg


ところが、NYを出て2時間くらい走ったところで、カーナビが「バッテリー残量低下」の表示。

「え?なんで?」

と思ったら、シガーライトソケットのジャックに電気が来ていないことが判明。

そんな車をレンタカーで貸すなんて日本じゃあり得ないでしょー。

これはまさに「オーマイガッ!」

見る見るうちに電池は無くなり、ブラックアウト。

a0148612_22595676.jpg


これが、問題のシガーライトソケット(抜いた後)

仕方がないので高速降りて、トラック野郎のガレージにお邪魔して、「ヘルプミー。」

a0148612_0311466.jpg


ガタイのすごいお兄ちゃんが一生懸命見てくれて、最初、何言ってるのかわからなかったのですが、

「ヒューズがブロークンだ。」とのこと。

「このヒューズはここには無い。ここじゃ無理。HONDAに行け。」と。

FORDなのに、HONDAでいいの?と思いながら、手描きの地図を頼りにHONDAに着く。

本当にあんな地図でついちゃった。アメリカはシンプル。

HONDAだから日本人いるかなぁなんて淡い期待は砕かれて、

何言ってるかよくわからないけど、ダラーラレンタカーに電話をしてもらいました。




続く。
[PR]
by planettv | 2012-01-10 23:26 | architecture