鋳造体験 取り出し

a0148612_21273980.jpg


あられの降る中。鋳込んだ金属を取り出す作業を。

a0148612_21273117.jpg


砂をハンマーで砕いて、中にある金属を取り出します。

a0148612_21271969.jpg


きれいな金属が出てくるのかと思いきや、金属には砂がびっしりくっ付いていました。

a0148612_2127737.jpg


裏を向けると、湯道に沿って金属が流れて、冷えて固まる時に空洞が出来た箇所がありました。

金属がどういう風に動くのかを見極めて、型を用意しないとちゃんとした鋳物は出来ないのです。

こういうのが、ものづくりの難しさです。

a0148612_21265621.jpg


湯道を切断して、製品部分のみを切り離します。

このように鋳造には、不要な部分が制作上かなり必要で、それらはまた溶かして再利用されます。

a0148612_2126458.jpg


これは、工場もやった事がない未知の世界へ挑んだミラクル作品。画鋲です。

a0148612_21263687.jpg


美しい木型。

a0148612_2137515.jpg


現代彫刻のような木型

必要な理由からしか生まれていない造形は、とても美しいものです。

a0148612_21262474.jpg


小さい丸い玉を高速でぶつけて、削った表面を磨いて完成です。

納品は年明けになりました。
[PR]
by planettv | 2011-12-27 21:58 | design