勉強

昨日は面接の控室の試験監督。

面接に向かう高校生は、不思議なくらいみんな大学案内を暗記するかのように見入っています。

大学案内は年ごとに順番で教員紹介がまわってくるですが、たまたま私が出ている大学案内です。

デザインとは?みたいなことを軽く書いたかもしれません。

私も、高校生だったらそんな事をしていたかもしれません。

その程度の考えしか思いつかせないところが高校までの勉強なのです。

みんなが同じことを言っている面接風景を想像してしまいました。

みんなが持っている情報にはそんなに価値はないのです。

情報はあるようで、自分で汗をかいて這い回らないと手に入らないのです。

今まで、答えが1つしかない勉強ばかりしてきたのに、

答えがない勉強をこれから始めます。




勉強はいつまでもつきる事がありません。

知識だけが勉強ではありません。

学校やなんかで授業料を払って先生に学ぶもの以外のものに多くの勉強が存在します。

私もこの歳になってもなお、勉強に様々なお金をかけなくてはなりません。

お金を天秤にかけて、学ぶ事を諦める学生が多くいます。

それくらいお金の力は強い。

でも、お金の力を知る事、使う事、自分の物にする事が本当の勉強です。

お金を使うから、自分の身になるのです。

損したとか思わないことが勉強です。

こんなことを今まで知らずに過ごしてきて、今さら、教えてくれるのですから、

その事をありがたいと思わなければいけません。

そして、そんな大事な事を教えてくれる人が、周りにいることが何よりの幸せなのです。




そんなことを思っていると、ラジオからこんな言葉が聞こえてきました。

「人の価値とはその人が得たものではなく、その人が与えたもので測られる」
 
 アルバート・アインシュタイン
[PR]
by planettv | 2011-11-29 00:23 | life