自転車っていいな。

同じ所に住んでいる、教授は休日になるとかっこいいヘルメットをかぶって、

自転車で颯爽と出かけて行く風景によく出会います。

その姿を見る度に、「自転車っていいな。」って思います。

教授は一年間のタバコと引き換えに自転車を買ったそうです。

値段がちょうど同じだったとか。

素晴らしいではないですか!

a0148612_23424788.jpg



琵琶湖を一周するにあたり私も自転車を買ったわけなんですが、

一時間くらい乗って身体を動かすと、何もしない時より身体がすっきりします。

やっぱり、身体を動かさないとストレスもたまるし、良くないんだなと実感します。



私は、面接の時に、自転車みたいなデザインがこれから大切だ。

というようなよくわからんことを言った気がします。



人間は、特徴的で突出した性能を持つ事よりも、広い汎用性を持ち、

道具を使う事で、身体機能をその都度拡張させるという進化を目指しました。

自転車は自分の脚を使って動かします。

あくまで、身体の延長としての道具なのです。

つまり、自転車はとても人間的な道具なのだと思います。

出る速度も、いくら頑張っても40kmが限界です。

つまり、そのくらいが人間のスケールの限界なのだと思います。

人間は、人間のスケールで生きないといけないように思います。

そうすれば、いろんな事が見えなくなることもないのです。

だから、自分の身体の能力に基本の軸はありながら、

それを効率よく拡張するような「デザイン」がこれから大事だと思うわけです。



だから、大学では屋根付駐輪場もなく、自転車通勤者がぞんざいに扱われているのは納得いかんね!
[PR]
by planettv | 2011-11-22 23:57 | product