鋳造体験 プレゼンテーション

a0148612_15415825.jpg


今日の3年生ゼミは、先々週の木型工房見学を踏まえまして、

金属の鋳造で何を作るか、案を考えて、「マツバヤシ」さんにて工場長にプレゼンをしました。




昨日の夜に、手描きのスケッチで学生の案をチェックはしていたのですが、

「こんなんで大丈夫かいな?」と心配していたわけですが、

今日は、きっちり、CG起こして、ボードにレイアウトされているのを見ると見違えるようで、

見せ方は本当に大事だなと思いました。

同じものでも、どこまでやるかで説得力が全然違ってくるわけです。

いや、同じものという言い方は違いますね。

そこまでするからようやく光るのであって、

60%や70%では何もやってないのに近いのです。

工場長も、最初それを学生がデザインしたものとは思わず、

どこかのネットから取って来た製品の写真と思われたそうです。




そういえば、昨日も、研究室に来られた方に学生の作品をお見せしたら、

東京デザイナーズウィークで見た学生展のどの作品よりもレベルが高いとのお言葉を頂きました。

いや、そんな事は絶対ないと思いますけど、昨日の秋田先生のお言葉といい、

ありがたい話ばかりです。

a0148612_1543947.jpg

[PR]
by planettv | 2011-11-15 23:41 | design