五味太郎「絵本の時間」

五味太郎さんの展覧会「絵本の時間」が滋賀県立近代美術館でやっていたので見に行って来ました。

元デザイナーというだけあって、すごくデザインとして見れるのです。

描かれているフォルムが秀逸なのです。

水彩だとずっと思っていたのですが、

カラーインクという画材であることを知りました。

やはり、原画の素晴らしさは印刷にはないものでした。

a0148612_20471122.jpg


私のお気に入りは「がいこつさん」

最後に出てくるトイレ空間に感激したり。




早速、カラーインクなるもので、私も書けるかと挑戦。

a0148612_20425319.jpg


新幹線。五味太郎風。

なんでこんな色? これしか手元になかったからです。

いいですね〜インク。

でもあれだけの大面積をにじみ無く塗るのはかなりの高度テクニックであろうとわかりました。




I went to The museum of modern art, Shiga. "The time of picture book" of Taro Gomi is exhibited in the museum.

There are a lot of good designs, because of he was a designer before he became a illustrator.

There are good form of illustrations.

I believed that the watercolor had been used for the illustration.

I learnt it is painting materials of color ink.

Original pictures is more wonderful than presses.

My favorite picture book is " Mr. Skeleton".

It's very exiting for me the lavatory space of a last scene.

I thought that I was able also to draw. I challenged the color ink.

This is Bullet train.

Why such a color is it? I didn't have any other.

Color ink is good.

I know it is a high technique he draw a big area with no blotting .
[PR]
by planettv | 2011-09-05 21:22 | graphic