幸せのスイッチ

a0148612_17375951.jpg


今日は良い話を聞きました。




自分が幸せになるかどうかは、自分で決めている。

自分の胸にある「幸せになる」って書かれたスイッチを、

自分で押すかどうか。

幸せになるにはそれだけ。




そのスイッチは他人には押せなくて、自分にしか押せないスイッチなのです。

その方はそのスイッチを自分で「押した」のです。

そうすると、幸せになるための行動になり、

いろいろな幸せが舞い込み。

実際、幸せで毎日楽しいそうです。




みんな幸せになりたいとは言ってはいるのですが、

本当にそう思って、自分のスイッチを自分で押している人がどれほどいるでしょうか?

他人が、スイッチを押してくれるのを待っている人も多いのではないでしょうか。

そうすると、目の前に転がっているチャンスも見逃してしまうのです。

スイッチが入っていると、いろいろなチャンスに自分から気がつき始めるのです。





「今の仕事は自分の天職じゃない。」 

「私のやりたいことはこんなことではない。」

そんなことを思っている人にはいつまでも天職は訪れないし、

やりたいことは見つかりはしないのです。

天職に出会ったらやる気がでてくると思って、天職を探すのですが、

実は、逆で、今やるべきことを一生懸命やるから天職に出会える。

自分の境遇は全部、自分で決めているんです。

全ては自分の思っているとおりになっているのです。




本当に、そうだなと思いました。


アルバートさんに感謝。
[PR]
by planettv | 2011-06-23 17:41 | life