プラレールアドバンス

a0148612_2344526.jpg


息子の電車好きとバス好きはすごいものがあります。

そんな中、プラレールを複線化するというこのクリエイティブ発想に釘付けになりました。

(引用元:cotoba 家庭のインフラをつなぐプラレールアドバンス




プラレールの線路には2本の溝がありまして、そこに車輪を乗せて走るのですから、2本のレールが必要だったわけです。

それを複線化するということは、車両を小さくして、二車線にしてしまうということですね。

今までの資産を無駄にすることなく、2種類の楽しみ方を提案しているのです。




思いついた人すごいと思います。

なかなか、普段そういう視点でモノを見れないものです。

こういうやり方は、これからの時代に合っている考え方だという気がしました。

今までのものを切り捨てて、新しい顧客を開拓するのは大変です。

これなら、今までの資産を2倍楽しめるし、複線化というお金持ちしか出来なかった「てっちゃん」の夢を簡単に実現できます。

そして、車両がすれ違うシーンがたまらん「てっちゃん」も多いのです。

この前も、交通博物館に行って、子供に鉄道模型の大ジオラマを見せていたら、後ろのカップルが、

「サンライズエクスプレスとトワイライトがすれ違ってる〜!」

と叫んでいました。

それって、そんなにすごいの??? と思いましたが。





でも、このアドバンスは車両が従来のプラレールよりリアル系にシフトしていて、

もっと短いデフォルメタイプのほうが良いと思うんでですけどね。個人的には。
[PR]
by planettv | 2011-06-17 23:39 | design