中小企業展

昨日は学生を何人か連れてインテックス大阪の中小企業総合展へ。

インターネットの登場で情報がたくさん得られるようになったかと思えば、

その逆で、得られる情報は偏ったものになってしまったかもしれません。

就職活動でも今の学生の目がいくのは有名な大企業ばかりになってしまいました。

多くの中小企業は、デザインや広報宣伝という所まで手がまわらない所がほとんどで、

学生が興味を持てないというのは、仕方がないといえばそうなのですが、

どういった企業が世の中にあって、どういう仕事があるのか学生にはもっと見てほしいと思いました。

大きな企業で自分が何の仕事をしているのかよくわからないような歯車になるよりも、

デザイン職なんて無い、地道にコツコツとものづくりをしている小さな企業であっても、

自分が指揮をとってデザインという考え方で企業の本質価値を表現し、問題を解決し、

企業を大きくしていくほうがずっと良いだろうと思うのです。

大きな山に入って小さく埋もれるより、小さなお山の大将で山を良くするほうが。

あくまでも、理想ですが。。。




これは、TRICK PRINTという普通のプリンターに装着して使える特殊インクでした。
a0148612_21381663.jpg

普通の照明ではセピア色ですが、
a0148612_21382855.jpg

ブラックライトを当てるとこの通り。

素晴らしい鮮やかさで見とれてしまいます。

ここの企業は人だかりがすごくて、リーフレットもなくなりすぎてあげれないとのことでした。

アイデアと技術があれば、これからいろいろな可能性がありそうです。

そんなあまり知られてない技術を持った企業が日本にはたくさんあると思います。

中小企業展を見に行って、良かったと思ったかどうかはわかりませんが、

こういう世界もあって、自分たちの知っている世界は狭いと思うことが大事だと思います。



続く。
[PR]
by planettv | 2011-05-27 22:01 | design