クリエイティブの力

私は10年前とかに比べてすごくポジティブになってきたなと思います。

それはつまり、クリエイティブの力はすごいなと思うからです。

そして、クリエイティブな力に助けられています。

クリエイティブに出会わなければどうなっていたでしょうか。

多くの人はクリエイティブをお化けや超能力のように思っている気がします。

クリエイティブを問題解決の方法だなんて考えないのが普通なのです。

でも、そうではなくて、客観的に、広い視野で、いろんな可能性を鑑みる力だと思います。

その考える広さが普通であったらいけないという所が、クリエイティブなのかもしれません。



つまり、多くの人は、議論で正攻法を探りますが、

本当の成功法はちょっと違う道なのではないかと思います。

会議なんかではよく正攻法的議論ばかりが行われますが、

それで、結局やってみても問題は解決しない、仕事は増えた。人間関係にも影響が出た。

そんな風になってしまうのです。

周りではそんなことばかりな気がします。

発想するという力を使うと、鮮やかにいろいろな問題が解決する場合があります。




はい。何を言っているかわからない人もいるでしょう。




良い例がありました。


「スピード違反を減らしたい。」とするとどうすればよいか?

監視カメラをつける。パトカーを走らせる。取り締まりを厳しくする。

普通はそう考えます。



VW(Volkswagen社)主催のコンテストThe Fun Theory awardの受賞作では逆でした。

a0148612_23231822.jpg


スピードカメラ宝くじ speed camera lotteryです。



フォルクスワーゲンがスピードカメラを車道に設置します。

このカメラは、スピード違反車両を撮影して違反切符をきるだけではなく、

制限速度内で走っている車両も撮影します。

しかも、制限速度内で走っていれば、

スピード違反者が支払った罰金から捻出された賞金をゲット出来るチャンスが得られます。

速度を守れば賞金があたる。

この結果、平均速度が22%も下回ったとのことです。(アドロックより引用)

考えても、実現するところが素晴らしい。




身の回りは問題だらけですが、それを規制してばかりのネガティブ発想ばかりです。

人と人との関係がギスギスすることなく、

お互いハッピーで、世の中もよりハッピーに、デザインにはそんな事ができると思うのです。

クリエイティブな力を人間に与えたのは、それをより良く使うためにだと思います。
[PR]
by planettv | 2011-05-25 23:35 | life