鮒寿司(ふなずし)パッケージ

鮒寿司は滋賀県の郷土料理で、子持ちの鮒をお米でつけ込んだ発酵食品です。

a0148612_1729054.jpg


今回、南研究室で担当した新しいパッケージの「ふなずし」が商品化されました。

デザインは3年生の肥川修士さん。



その独特の風味は和製チーズとも呼ばれ、好き嫌いが分かれる食品ですが、

クライアントである「あゆの店きむら」さんの鮒寿司は、

琵琶湖産の天然ニゴロブナにこだわって作られておりまして、

匂いも少なく食べやすいと評判の鮒寿司を作られています。

私の娘も好きなんですよね〜。

a0148612_17325498.jpg

a0148612_18113444.jpg


このパッケージの紙には切れ目が入っており、

内側に鮒寿司を挿入することによって切れ目が伸びて広がります。

持ち手の部分を折り曲げて、裏でシール留めすると完成します。

a0148612_17373313.jpg


その模様は魚網のようであり、鱗のようであり、鮒寿司を隙間なく桶に並べた姿にも重なります。

上部の持ち手となる穴も、魚の尾ひれをイメージさせる形となっています。

真空パックの中身を見せながらも、品のある端正なデザインとしてまとめています。

ロゴやハンコにもこだわり、10倍ほどもあるサイズで実際に判を作りデータに落としています。

「琵琶湖産ニゴロブナ」の判。


a0148612_18103960.jpg


中のしおりの絵も肥川さんのイラストです。

なかなかハードルの高い案を選ばれたのですが、無事こうして完成しました。





東京では、日本橋三越、銀座三越で販売しており、順次販路拡大予定です。

価格は時価ですが、およそ¥1,050〜¥1,470(税込み)ほどです。

琵琶湖と鮒寿司のWEB情報マガジン
ふなずし.com


早速、spoon & tamagoに掲載して頂きました。







あ、学生が最優秀賞を取ったという吉報が今!
[PR]
by planettv | 2010-11-17 18:24 | graphic