自分を作る。

夏休みが終わって、今日から授業開始、いきなり四コマぶっ通しで授業。

信楽まちなか芸術祭のオープニング行けず。

だいぶ前に、ことばのデザイナーさんのこのブログを見て、夏休みの宿題を決めてしまった私です。
(パソコンは使いませんけどね)


「リアルな自分を等身大で作りなさい。」



うちの大学は服飾、住居、道具と三分野あるので、自分の身体スケールを、

身をもって体感して欲しいし、自分をごまかさずに向き合って欲しいと思ったのです。

全ての分野でこの感覚は生きるでしょうし、この根性仕事も良いでしょう。

人生で絶対に二度としませんから!

素敵です。

みんな泣いてましたけど。





おかげで、製作するためのわずかな自習室は悲惨な状態。。。

南は一体何をやらせてるんだ!? という声が聞こえてきそうでした。。。





そして、楽しみにしていた今日です。

a0148612_22181632.jpg


教室に入ると異常な人口密度。。。



紙だけど、紙に感じられないのです。このヴォリュームが。

人型ってスゴいですね。

視界に人型があるとなんかすごい存在感で迫って来るのです。

人間は人間の形というものに対する視覚的反応が異常に敏感ということがわかりました。

守衛さんも自習室で夜中にビビっていたそうです。

そらそうです(笑)




ちょっと残念な作品も少なくなかったですが、、、

一部の神がかった作品に救われましたよ。

a0148612_2291172.jpg


↑この人、ほんまにすごかったです。

この作品にゾクッとさせられました。

なんか、想いが滲み出てましたよ。

また、クローンと同じ服を着てきなさいって!いう所が最高だったですね。

a0148612_22265388.jpg


産休から復帰したT先生にもすごく良い課題と言ってもらいました。

久しぶりに聞いたT先生の切れるコメントにもゾクッとさせられました。

作品を見て、その人の性格から何から見透かすから、なんか次元が違うんですよね。

でも、この愛が学生には多分伝わってない気がするんですよね。。。

これが残念。。。



a0148612_22152882.jpg


最後はみんなで記念撮影。

来年はこの授業が廃止になるから、今年が最初で最後なのが残念。
[PR]
by planettv | 2010-10-01 22:37 | life