佳境の信楽


今日は2日後に開催が迫ったライフセラミック展のために信楽へ。

a0148612_22554941.jpg

展示空間もかなり出来ています。

空間の湾曲を上手く活かした展示空間になっていると思います。

a0148612_2256673.jpg

透ける陶器を用いた会場の照明。




a0148612_22563694.jpg


その後、艸方窯さんへ、窯出しされたばかりの生地を見に行きました。

上の照明と同じ、透光性生地という信楽窯業試験場で特許を取った新しい土を用いた開発で、

土の特性がまだよくわかっていないため非常に扱いにくく、

鋳込み、脱型にも苦労し、失敗もかなりあり、窯出しがギリギリの今日になってしまいました。

それでも、4つ焼いたものの、切れてないのは1つだけ。

そして、その全てで形が変形していました。。。

まぁ、初めて見る人はこういう形かと思ってしまいそうですが、

私の意図とはかなり変わっています。

a0148612_22562116.jpg


この開発では、デザイン案はたくさん出したのですが、窯元の方もあえてかなり難しいデザインを選ばれたのでこれが大変です。

無難からはほど遠い案を。

それだけに成功したら他にはないものになると思います。

まだまだ、超えなければならないハードルがかなりありそうです。

a0148612_2256512.jpg


照明を入れたときの効果を狙った、鋳込みの肉厚差を使おうと意図した凝った造形なのですが、

LED照明を入れてみると、意図した以上に美しかったです。

不完全ながら、その可能性の光を見ると窯元さんと2人して気合いが入りました。




この窯元さんとの仕事はまだまだ先が長そうですが、ホントに楽しいです。

リスクやコストの話ばかりで何もチャレンジできないような話が多い中、

全く逆で、こっちが心配してしまう程、イケイケドンドンな方なのですが、

すぐに飛んでどこへでも行く行動力、なんでもやってみる度胸に感服します。

今回の展示の窯元さんの中でもダントツでお金をつぎ込んでいるのは間違いないと思います。

だから、こっちも、何としてでも成功させなきゃいかんなという気になります。




ってわけで、今日もグラインダーで強行に手術してなんとか展示できる形にできました。

大切なのは、困難にくじけない強い意志ですね!




a0148612_234521.jpg

いよいよ明日から開催!

信楽ライフセラミック
[PR]
by planettv | 2010-09-29 23:45 | design