Earth House

MAZDA 新型プレマシーが出ました。

MAZDAは“NAGARE”という自然界の水や風の「流れ」の美しさをモチーフとする造形言語に挑戦してきており、2006年あたりからショーカーでトライしているようです。

それを新型プレマシーでは量産車として初めて本格的に採用しました。

なのに、それをもうやめるという話を弟がしてました。

何でやろ?

このMAZDAのアイデンティティの造形表現はヨーロッパではとても受けがいいらしい。

なのに、何でやろ?

a0148612_1939377.jpg


サイドに流れる風のような造形の話です。

MAZDAは口がガッバーと開いたフェイスが最近、多いですね。

私もMAZDAのデザインは良いと思います。

でも、正直、サイドの造形はないほうが個人的には嬉しいかな。






それより、気になるのは、CMで後ろに見える家です。

どこの家なのかと思えば、Peter Vetschという建築家によるEarth Houseのようです。

スイスにたくさんあるようです。

こんな家、素敵ですね〜。

昔から、緑に埋もれたような建築が好きです。

フンデルトワッサーとか、エミリオアンバースとか。

日本にもこんな家ありましたね。

a0148612_19554564.jpg


via Vetsch Architektur



↓応援クリックお願いします。
にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

denden
denden 売ってます。

[PR]
by planettv | 2010-07-05 19:52 | sustainable