扇風機

今日は、ケーズ電機でdysonの扇風機を初めて見ました。

a0148612_1456951.jpg


羽のない扇風機。

めちゃくちゃカッコいいですね。

色とか、質感も他とはまったく違う。

特に青とグレーの色が良いです。

でも、前評判に期待しすぎたのか、思った程ガツンと来る風量ではなかったです。

扇風機でガツンと来られても困りますけど(笑)

やや音がうるさいかもしれないですね。

そう思うと日本の扇風機の静かさはすごいです。

リモコンがないとか、首ふりするとボタンが逃げていくとか、

首の高さを変えれないとか、割り切りの良さによる不自由な所もありますが、

appleと一緒でそこが良いのでしょう。



それと、balmuda designの扇風機もありました。

a0148612_1515059.jpg


こちらも羽の形状が革新的です。

羽の中間に円状の仕切り板があります。

こちらは風量をすごく感じました。

風がドーンと来る感じでしょうか。

しかも、再弱では消費電力4Wとdysonの40Wの1/10の消費電力です。

こちらも、首の高さは変えれるのですが、

その際は首のパーツを丸ごと取り外してしまうという、大手メーカーでは考えないような

思い切りのいいデザインでディテールを簡素化してシャープな外観を保っています。

ファンの後ろにいろいろボタンがあるのですが、

なぜか、台座の部分に点灯する箇所があって、思わずそっちを押してしまう不思議なデザインでした。

しかし、開発は前からやってたでしょうから、dysonがあんなのを出してさぞかしビックリしたでしょうね。

今年は、扇風機元年ですね。





でも、買うならボルネードのVF20にしちゃうかも。

a0148612_1516019.jpg


うちでも、金属製の卓上ファンが12年使って錆びてきていい味出てきました。

首も上がらない、タイマーもない、扇風機はそんな男前な金属のものが良いかも。





↓応援クリックお願いします。
にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

denden
denden utte 〼

[PR]
by planettv | 2010-05-16 15:09 | product