おちょぼさん

今日は、ひょんなことから、岐阜の千代保稲荷へ。

京都の伏見稲荷、豊川の豊川稲荷とならび、日本三大稲荷の一つといわれるそうです。

「ちよぼ」が訛って「おちょぼさん」と呼ばれている。

あまり、期待してなかったのだけど、行ってみるとなんでこんなところにというくらいすごい人。

その参道の活気に驚きました。

周りは何もないような陸の孤島なのに。

a0148612_22232547.jpg

a0148612_22235074.jpg

a0148612_2224615.jpg

a0148612_22242114.jpg

a0148612_22243718.jpg

お稲荷さんということで、おあげを入口で販売している。30円。
これを、お供えする。

社の裏では、みんながおそなえしたこの油揚げを袋詰めして自由に持って帰っていいよとなっている。でも、今日は、すべて無くなっていました。
a0148612_22245251.jpg

招き猫。
a0148612_2225638.jpg

おあげと一緒にろうそくをくれます。
a0148612_22251898.jpg

こちらは、商売繁盛の神様だからでしょうか。会社の名刺をみんな置いて行くようでした。
a0148612_22253011.jpg

この石は、お願いごとをする前に一度、持ち上げてみる。
その後、お願いと共に、重くなれか、軽くなれを念じて、その通りになれば願いが叶うという石。
そういうストーリーがとても興味深い。

ちなみに私はやってみたけど、変わらない気がしました。。。(汗)

a0148612_22254472.jpg

参道には、たくさんの出店が軒を連ねています。
a0148612_22255545.jpg

なぜか、どて煮が有名みたいで、立ち食いの店がたくさんありました。
そこでは、串カツも一緒に売っていて、串カツをどて(ミソ?)に突っ込んで食べるのが通らしい。
このへんは、大阪の新世界のような空気でした。
しかし、大阪では、ドテに串カツは入れないなぁ。
でも、美味でした。 一本、80円。

a0148612_2226720.jpg

a0148612_22431532.jpg

こういうおもちゃ屋さんよくありますけど、大体は、誰も何も買わない残念な感じなんですけどね。

でも、こういうおもちゃ屋さん、トイザラスとかと違って好きですねぇ。

a0148612_22425712.jpg

草もち(ヨモギ餅)も名物みたいでお店がたくさんありました。

他にも、うなぎやら、ナマズの蒲焼きやら、もろこ(小さい川魚)の甘露煮。

漬け物など、名物らしき商品がたくさんありました。

110軒を連ねる門前町の活気にとにかく圧倒され、

天気も最高で、とても楽しかったです。

駐車場の位置、参道への商店の集中など、繁盛の要因はいろいろありそうですが、

毎月1日と15日は縁日で混雑するというのも良いですね。

滋賀と比べて、個々の店に商売っけがあります。

ここは、売っているものもすごく安い。

歩きながらついつい買ってしまう値段と、歩きながら食べれる商品があります。






denden
denden utte 〼

こどもの日 限定SALE
5月5日まで20%OFFで販売中です!



↓よろしければ、応援クリックお願いします。
にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村
[PR]
by PLANETTV | 2010-04-25 22:30 | life