梅原真 足元にある宝物へのまなざし

a0148612_9415549.jpg


梅原真さんが講演に来られました。

あまり、ご存知ない方もおられるかと思います。

梅原さんは高知のデザイナーで、地方の疲弊している一次産業を

次々とデザインの力でよみがえらせているすごい人であります。

a0148612_1081797.jpg


最初の商品は 「一本釣りの藁で焼いたカツオ」だったのですが、

一本釣りは効率が悪く、外国の船が巻網で一網打尽にするのに対抗できず、

魚の値段も漁師が決める事ができず、明神丸は潰れそうになっていたそうです。

それを、藁で焼いたカツオ二本と、たれ二個、高知のニンニク丸ごと、ショウガ丸ごとをセットにし、

「漁師が釣って漁師が焼いた」とコピーを考え、真っ赤なパッケージもデザインして、

5500円で売った。

これが、8年で20億を売り上げる商品になった。

最初は、焼く場所もないから軒先でカツオを焼いていたのが、

工場を立ち上げ、水産会社を設立と大躍進を遂げたそうです。




そんな梅原さんが手掛けたデザインです。

a0148612_9485380.jpg


a0148612_949639.jpg


a0148612_950521.jpg


a0148612_9501880.jpg


a0148612_9503114.jpg


a0148612_9495243.jpg


土佐はるかのパッケージは、納品完了後、クライアントの間城さんが財布を手に、

「デザイン料いくらでしょう?」と言われ、

その厚みをみて、史上最低の料金で言ってしまったとか(笑)



しまんと緑茶の解説でも、

「じつは、茶〜どころ〜、しまんと緑茶♪」(本人唄ってます)

など、すぐに覚えられるフレーズを考え、

次の瞬間には「ほら、覚えたでしょ?」と、



確かに四日たった今でも、覚えているわけです。



「漁師が釣って、漁師が焼いた。」とか、

「伊勢、手掘り あさり プリ プリ」とか、

「ゆずでもない、すだちでもない、とんでもない!」とか、

覚えやすく、リズム感のよいキャッチコピーを考案するのがとてもお上手なのです。

そして、モダンなデザインではなく、商品が美味しそうに見えるパッケージデザインが多いです。




梅原さんいわく、デザインはコミュニケーションだと。

昔は、伊藤園の煎茶という名前であったが、「お〜いお茶」と改名して売り上げ60倍。

抗菌防臭靴下「フレッシュライフ」も、「通勤快足」に変えて大成功。

NTTの「シルバーホン」も、「らくらくホン」と変えて大成功。

コミュニーケーションをするとはこういう事。




面白かったコミュニケーションの話。

a0148612_9423224.jpg


昔、東京(?)でこんな宝くじやが路上にあって、

右下の足が梅原さん。

「黙って買う、祈る、当たる」と書かれ、

そのホッかむりを被ったおばちゃんや、その店全体の雰囲気にコミュニケートされ、

ついつい、買ってしまった! らしいです(笑)

買いたくなるデザインてこういうものなのかもしれないですね。




梅原さんは、儲かるであろう、大手企業の依頼は全て断り、

高知の事しかせん!と言い張ってやって来られたそうです。

それが、今や、ケニア、ハワイなど諸外国から相談に来るほど。

現在、TVも追っているらしいので、そのうち何かで放送されると思います。




田舎ではなんも仕事もないし、なんもできん。なんてみんな言ってるんですが、

なんでも「あるよね」と考えるといくらでもあるよね!

なんでもポジティブに考えるだけで世界は変わっていきます。

世界を変えるのは自分だと信じている人が、世界を変えています。
[PR]
by planettv | 2010-04-22 10:26 | sustainable